2014年05月21日

今回の結果・・



デパケンの血中濃度が、前回の通院時の数値101から105までしか上がっていませんでした。






現在同時に服用しているラミクタールはMAXの量まで来ているので、これ以上増量は出来ないのですが、デパケンはラミクタールの効果を上げるので、ラミクタールの効果を上げるべくデパケンを現在の400mgから500mgまでupすることになりました。








只、ラミクタールは血小板を減少させる副作用があるので、青アザが消えなかったり、出血が止まらない様子が見られた時は、直ぐに相談するように言われました。



※今回の結果では血小板の数値はOKでした。











今まで使っていない薬で、フェニトインとトピナという薬を使ってみる手もあると先生から話がありました。








フェニトインは強直の部分発作に効果があるらしいのですが、副作用として多毛になったり歯茎が出て来たりするようです・・たらーっ(汗)









とりあえず、今回は家内も来ていないので、新しい薬は使わないようにお願いしました。










そして、方針を決めました。












まずは・・・





@デパケンを500mgにupする。






これでも効果がなければ・・・






Aエクセグラン(現在血中濃度16をMAX30にまで上げる。)を増量する。






これでもダメなら・・・








Bエクセグランを減らしてから、テグレトールを試してみる。


※テグレトールは初期に使用して効果がありませんでしたが、発作の形態が変わって来ているので試す価値もあると言っていました。











テグレトールで効果があれば・・・・







C来年の秋に承認される予定の新薬であるオクスカルバゼピンを使ってみましょうとの事でした。





※オクスカルバゼピンはテグレトールに似た効能があり、かなり効き目が良いらしいです。









とりあえず、知らない薬を使う前に少しでも良くなれば良いのですが・・・。














posted by I Love 入鹿 at 23:17| Comment(0) | 子育て日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]