2008年01月27日

スケール

今日は自作のスケールの製作をしました。


先日ホームセンターに行き、何か使えそうな素材はないか?といろいろと散策していたところ、プラダンという素材を発見しました。


スケール


スケール


こんな感じで穴が空いています。


この素材の存在はかなり前から知ってはいたのですが、今回素材を探すにあたり、いくつかの条件に当てはまる物を探していたところ最終的にこのプラダンという素材に落ち着きました。


今回当てはまる条件とは・・安い・軽い・丈夫・温度差による伸縮が少ない・加工が簡単という条件で、他のものではなかなか全てをクリアする素材もありません・・。



スケール


こんな感じで、寸法を測りながら切断などの加工を行い部品を製作します。


設計図は書いてありませんので、作って行きながら考えながらの完全無計画という感じで作って行きます。


基本的に説明書などを読むのが大嫌いなアナログ人間ですので、物を作らせてもこうなりますわーい(嬉しい顔)



スケール


補強する為のパーツも作り、接着剤で貼り付けて強度アップを図ります。



スケール


何とか完成しましたぴかぴか(新しい)



スケール


口閉じ尾開きの状態で尾びれの先端に当て、正確な長さが計測できるようスライドバーも設置exclamation


長くなって邪魔なのですが、念の為(まずあり得ませんが・・)80pまでの長さは計測できるようにしておきました。


死ぬまでにそんな怪物を釣ってみたいものですね〜・・。


でも絶対に何匹かは琵琶湖には居ると思います。



スケール


こちらは、入鹿池用に製作したキーパースケールです。


早くこのスケールを使うような大物を釣り上げたいですグッド(上向き矢印)

posted by I Love 入鹿 at 00:00| Comment(2) | タックル
この記事へのコメント
本当に作ることが好きみたいですね!私も好きです。血液型も一緒だし、アナログ人間と言う所も同じです!今日はベイトリールを完全分解し、内外装ともにカスタマイズして見ました。塗装を少し失敗しましたが、まずまずの出来です。とりあえず入鹿でロクマル釣ってください。多分居ますよ!
Posted by I.S.会長 at 2008年01月27日 23:25
会長さん、おはようございます。
入鹿でロクマルですか〜・・・。
居るとはおもいますが、宝くじが当たる位の確率じゃないですか?
釣れたら最高ですけど、まず無いでしょうね・・。
Posted by テスター古川 at 2008年01月28日 08:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]