2014年05月06日

連休最終日の入鹿池




image/2014-05-07T09:52:55-5.jpeg



image/2014-05-07T09:52:55-6.jpeg


今日は、ちょっと久し振りな入鹿池に行って来ましたるんるん










毎年、この時期になると私は釣果が激減しますが、今年も例に漏れず全く釣れてましぇんバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)













原因は、必ずといっていい程、この時期はサイトに頼らないと入鹿池は釣れない池になってしまうからです・・。








100%釣れないか?と言うとそんな事はないと思うのですが、なかなか狙って釣るのが難しくなります。








私が感じているには、琵琶湖などと違い、入鹿池の場合はスポーニング前にディープなどから上がって来たバスが一旦身を潜めるコンタクトポイントと言われるスポットがなく(もしかしてどこかにあるかも知れませんが、私には分かりません・・)沖を回遊している状態から、いきなりスポーニングエリアに到達してしまっているような気がします。








プリ段階でスポーニングエリアに上がる寸前は巻物などにも喰って来ますが、一旦ネストを作ってしまうとルアーに口を使って来るのは食欲ではなく威嚇になってしまうので、どうしてもサイトフィッシングが優勢になってしまいます・・。








余程潮回りや、たまたまバスが大きく動くような日に当たれば、巻物などでキャッチする確率がUPするのですが、毎回コンスタントにこんな日に当たる事は勿論ありませんので、苦渋を舐めさせられる日が多くありますふらふら








入鹿池のスポーニングも、夏近くまで行われますので、実際にはまだ何もない訳の分からないディープのエリアを回遊しながら潜んでいるバスも多くいるのではないか?と思っています。









全てのバスがシャローやミドルに上がって来ていれば、もっと釣れても良さそうなものですからね・・・。。。









そんなディープに潜むまだプリ状態のバスを何とか釣れないかと、今日は今迄この時期に試した事のないディープクランキングを試して、新しい扉を開けないか?っと淡い期待を抱いての入鹿池入りでした。









image/2014-05-07T09:52:55-8.jpeg


G87クランクで、5m前後の岬やフラットなど、水深のあるボトムをゴリゴリやって、この時期に今まで釣った事のないタイプのバスを探し出しますexclamation












入鹿亭に到着すると、I.S.B.A.メンバーの荒尾氏&田中氏が登場ひらめき










桟橋で、荒尾氏がボートの準備をするべくボートを移動させようとすると、『ついでに移動させてよ』っと、田中氏が荒尾氏にお願いしていました。







どうするんだろう??っと思い見ていると、荒尾氏は2艘のボートに跨がり、移動させ始めました目








これは何かが起こる予感ひらめき








image/2014-05-07T09:52:55-1.jpeg


シャッターチャンスを逃さぬよう、その瞬間を待ち構える私と田中氏・・・・












image/2014-05-07T09:52:55-2.jpeg



来たるべき瞬間を、期待しながら見守ります・・・・・













image/2014-05-07T09:52:55-3.jpeg



裂けろ〜、裂けろ〜っと股が裂けるように念じながら待ちますが・・・・・










image/2014-05-07T09:52:55-4.jpeg



残念バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)








無事に到着ですもうやだ〜(悲しい顔)










私なら、こんなに期待されていれば、恐らく期待に答えたと思いますが・・。








荒尾氏はもう少し空気の読める人だと思っていたのに残念です・・・。。。。。。












2人に遅れスタートすると水温は17.2℃





前日に、なかなかの勢いで雨が降っていましたので水位も上昇し、満水から10cm程の減水状態です。












半時計回りで回りながら、ディープを回遊しているバスが時折コンタクトしそうな深めのスポットを考えながら、クランキグして行きます。








随所で、バイブレーションやシャッドなども試して行きますが、全く反応なしあせあせ(飛び散る汗)











少しだけ試してみジグのカバーへのスキッピングでバイトがありましたが、フッキングしてもフックまで咥えておらず・・。














その後は、これからの時期に必ず役に立つ作業を実施・・・








スピンベイトのノーマル、0.5グラムup、1グラムupの各タイプのフォールスピードを計測し、後日グラフを作る予定です。







今日は、強風のさなかに作業を実施したので、誤差もあるかも知れないことと、今回は真下にフォールさせて計測しましたが、次回はマーカーを入れた位置に正確にキャストし、ボトムを到達までを計測しようと思います。







各タイプ2〜6mまで、1m刻みに計測してるので、15回(誤差がなくなるように何度も測ったので、60回くらいは測ったと思いますが・・。)やらないといけないので、結構面倒ですね・・。














午後になり、水温が上がって来たタイミングで差して来そうなスポットに移動し、古川システムを投入すると喰ってはくれたのですが、ボート際のジャンプをかわし、最後の突っ込みを耐えてネットインのはずが、最後に突っ込みでなぜかフックオフ・・・がく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)










楽勝で50upやったのにバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)有料














image/2014-05-07T09:52:55-7.jpeg



やっぱりコレは釣れるね・・。













その後は、全く反応なし・・・










今日は、息子をお風呂に入れるため、私にしては早目の帰還・・。









でも、まだまだ早いですが、ちょっとずつ自分の釣りが通用するようになって来たのかな??






今日は、しっかり普通の釣りやってたら釣れてたかもね・・・







入鹿池が、早くアフターになって欲しい今日この頃です・・・。



posted by I Love 入鹿 at 23:26| Comment(0) | 入鹿池
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]