2007年12月29日

ライブウェル

今日は、入鹿池用のライブウェルを循環式にする為の部品を調達する為にホームセンターへ買い物に行きました。


今まではクーラーボックスにビルジポンプを使用して水を汲み上げ、ブクブクでエアーを送っていただけでした。


とりあえず一本目が釣れると魚をクーラーボックスに入れ、水を汲み上げクーラーボックス内に溜める作業を行わなければならないので、回遊などでスクールで魚が入って来た時には、大切な時合いを逃してしまう可能性も大きいです。


なら最初から水を汲んでおけば良いのでは?と思われるかもしれませんが、水を汲んで準備しておいた日ほど、なぜか釣れなかった日が多く・・・

『やっぱり水を入れておくと釣れん・・むかっ(怒り)

・・と完全に釣れないジンクスになってしまってます。

夏場ですと溜めておいた水がすぐ高温になってしまいますしね・・・


それに、クーラーボックス内に魚が何本も入っていると、頻繁に水を入れ替えなければならないので結構大変なんです・・。



タイヤ交換

そんな訳で、とりあえず部品として使えそうな物をいろいろと探して買ってきました。


スイッチを入れると延々と作動しているものですと、かなりバッテリーの消費が多そうなので、途中にタイマーを設置し定期的に作動するようにしようと思いました。


タイヤ交換

980円でギヤ式のタイマーが売ってありましたので、試しに購入してみました。

基本的にAC100VなのでDC12Vで作動するものか分かりませんでしたので、とりあえず買って試してみることにしました。


タイヤ交換

仮に接続してみましたが、やっぱり動きませんバッド(下向き矢印)

タイマーがデジタル式でなくギア式でしたので、もしかして動けば
いいな〜と思ったのですが、やっぱりダメでしたふらふら


明日から寒くなりそうでしたので、タイヤ交換をしてスタッドレスタイヤに履き替えました。

今シーズンは新品のタイヤですぴかぴか(新しい)

タイヤ交換


琵琶湖に行くには、関ヶ原を通過しなければならないので、スタッドレスタイヤは欠かせません。


私は基本的に3年を目安にスタッドレスタイヤを買い換えるようにしています。

やはり年数が経過すると性能が低下して来ますので、安全の為に早めに変えるようにしたいですね。

少しばかりケチって事故ったら、返って損ですから・・。


今日はあまりに釣れそうな天気でしたので、かなりウズウズしながらタイヤ交換をしていました・・。


昨日雨が降り、その後のこの天気ですから、多分デュラゴンで50UPを複数本はいけるのではないか?と予測してました。


早く釣りに行きたいですバッド(下向き矢印)


posted by I Love 入鹿 at 00:00| Comment(4) | タックル
この記事へのコメント
撃沈してきましたー。
自分も昨日は「ハメれればもしかしたら数本獲れるかも?」と思い出撃しましたが、ハメれずじまいで1チェイスのみでした・・・。
やっぱり琵琶湖は甘くないっすね(反省)
Posted by 2G at 2007年12月30日 11:06
こんにちは。31日、1日は滋賀県も雪が
降りそうなので、自分もスタッドタイヤに
交換してから、釣具と部屋の掃除をしてか
ら彦根港にでも小バス釣りにでも行きたい
と思います。今年一年、古川さんのブログ
はとても楽しかったです。来年は今年10
月にボートを手放しましたが来年は、また
欲しくなったので買いたいと思います。でほ
古川さん、良いお年をお過ごしください。
Posted by ライトマスター at 2007年12月30日 14:20
2Gさん、こんばんは。
そうですか↓残念ですね・・・
しかし、それも釣りですよね、いい時ばかりじゃないですから・・・
昨日は釣り収めだったのでしょうか?
今夜からの寒波の影響がどうでるのか?少し気になりますが、初釣りでいい魚が獲れるといいですね!
私もこれからの季節が大好きですので凄く楽しみです。
それでは、良いお年をお迎え下さい。
m(__)m


ライトマスターさん、こんばんは。
そう言って頂けると、とても励みになります。
ありがとうございました!!
来年はまた新しいボートでガンガン釣って下さい(^^)
それでは、良いお年をお迎え下さい。
m(__)m

Posted by テスター古川 at 2007年12月30日 20:21
昨日、サトシンさんと話したんですが土曜日はやばかったらしいです。
沖ではボイルも・・・。
初釣りは仕事帰りの養老ナイターです。
3月までに3本くらいが目標っす。
寒波が落ち着いたら冬の琵琶湖が炸裂しそうですね、古川さんも初釣りでガッツリいっちゃって下さい。

風邪に気をつけて良いお年をお迎え下さい。
Posted by 2G at 2007年12月31日 11:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]