2007年12月28日

アイバムシ

全く季節外れなのですが、今日は今年野尻湖に行った時に使用していました、アイバムシのチューン(チューンと言えるかは微妙ですが・・)についてご紹介させて頂きます。


まず、野尻湖のスモールは虫パターンの流行もあり、やはりそれなりにプレッシャーが高いのですが、そうなるとやはりルアー(虫)のサイズが小さい程喰いが良くなると思います。


相羽プロも紹介していました寸詰めチューン(ボディーの中心部分を間引いてくっつけ直し、ボディーサイズを小さくする方法)を行い、純正の足をカットしラバーを差しチューンします。


ボディーに直接フックをチョン掛けし使っていると、何度かキャストしている間に身切れして飛んで行ってしまいますよね・・。


そうなるとネコリグなどでもよく使用する収縮チューブを利用することになるのですが、収縮チューブは基本的に透明、黒、配線用の物では赤などもありますが、基本的にカラーがあまり選べません・・。


『何かもっと良い物はないものか?』


・・と思い探したら良い物がありましたexclamation


アイバムシ


それは・・・


100均で見付けた輪ゴムですひらめき


この小さな輪ゴムは普通の輪ゴムとはちょっと違い、特殊な素材で出来ています。


カラーも何色かが一緒に入っていますので、カラーチューンが楽しめます。


ちなみにこの輪ゴムは、ダイソーのヘアーアクセサリーのコーナーで見付けました。


髪の毛を縛る用のゴムのようで、普通の生ゴムとは違い少し硬いビニール系のようなもので、伸びが少ないんです。


これが見事にアイバムシのボディーサイズにジャストフィットぴかぴか(新しい)


アイバムシ

上の画像のお腹のオレンジ色のものが輪ゴムです。



アイバムシ


さらに、この輪ゴムの周りにメンテナンスシーラーを塗りボディーと接着してしまいます。


そうすることで、チューブからボディーがすっぽ抜けて飛んで行ってしまうことも無くなりますよるんるん


ちなみに、私はアイバムシの寸詰めチューンでボディー同士を接着する時も、メンテナンスシーラーで接着してます。

※特に理由はありませんが、メンテナンスシーラーで試してみたら引っ付きましたので使用しているだけです。


気になった方は是非一度試してみて下さいexclamation




posted by I Love 入鹿 at 23:00| Comment(0) | ルアー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]