2007年12月24日

スピンネコ

近年とてもポピュラーになったルアーにスモラバ(スモールラバージグ)があります。

特に野池などで釣りをされる方は、使用頻度も高いのではないでしょうか?

このスモラバですが、トレーラーとなるワームなどを付けて使用することが大前提となるのですが、ソルトインマテリアルのワームを差したままにしておいたりすると、フックが錆び付いたりしてすぐに使えなくなったりします。

そうなると必然的に廃棄処分することになると思いますが、悪いのはフックだけなのに捨てるのはちょっともったいないですよね・・。

そこで今回は、錆びたり、曲がったり、フックポイントが甘くなったスモラバを再利用する方法をご紹介します。

その名は、スピンネコです。

※ロックジグスピンを使うので、名前にスピンと付いています。


ネコリグでポピュラーなものではスワンプネコなどがありますが、こういったワームと組み合わせ使用します。


まず準備して頂くのは、スプリングと使えなくなったロックジグスピン、瞬間接着剤、ニッパー、ペンチなどの工具。

スピンネコ

スプリングは、この位の線径と外径のものが使い易いです。


スピンネコ

まずは、フックが錆びてしまったロックジグスピンを・・・


スピンネコ

このような感じでニッパーで使いフックをカットします。

ひらめきカットした瞬間に、切れたフックが飛んで行きますので注意して作業して下さい。


スピンネコ

ペンチでつかみブラシガードを引き抜きます。


スピンネコ

スプリングをこの位の長さにカットして・・


スピンネコ

瞬間接着剤で接着します。


スピンネコ

マイナーチェンジ後のフックキーパーがついているモデルは、フックの部分をペンチで曲げてやれば充分固定させることが出来ます。

もちろんスプリングを付けても良いです。


あとはネイルシンカーの代わりに、改造したロックジグスピンを回しながらセットし、通常のネコリグのようにフックをセットすれば完成ですぴかぴか(新しい)


フォール時はスモラバ、着低後はネコリグという感じになります。

スイミングにはあまり向きませんので、ズル引きメインで使うのが良いと思います。

ちょっとB級な感じを醸し出していますが、気になった方は試してみて下さい。

ちなみに、私は一昨日から使い始めたので、まだ釣果はございません・・たらーっ(汗)



スピンネコ

ロックジグスピンの #025 パールホワイト×ブルーパールを入鹿池使用にパープルに染めてみたら、なかなか良い感じに染まりましたるんるん

染料はワーム用のものを使用しました。




posted by I Love 入鹿 at 00:00| Comment(0) | ルアー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]