2007年12月18日

ロックジグスピン

今日は昨日頂いて来たロックジグスピンのラバーを、好みの長さにカットしボックスに入れましたるんるん


ロックジグスピン

知っている方もいるかも知れませんが、ロックジグスピンにはマイナーチェンジ前と後のモデルがあります。



ロックジグスピン

これがマイナーチェンジ前のモデル。


ロックジグスピン

こちらはマイナーチェンジ後のモデル。


見比べて気付いたと思いますが、マイナーチェンジ前のモデルにはワームキーパーがありません。

やはりそれぞれ長所・短所があり、私がよく使用するロックジグスピン+スタッド5”など、ワーム自体にある程度重量があるものには、キーパーありを使用した方が格段にワームの持ちが良くなります。

キーパーなしのものは、ワーム自体の重量が軽い、極小さいワームや細身のワームなどをトレーラーにセットする場合に向いています。

軽量のワームでしたらフックのベンド部分で裂けていくこともそれ程ありませんので、ワームのシルエットを崩さずにセットし易いんですねexclamation

細身のワームを使用する場合には、特にそう思います。

キーパーが付いていないと、ワーム自体に与えるダメージも少ないので、何度も付け替える場合にはワームの持ちが良くなります。


マイナーチェンジ前のものは、売れてしまうと無くなってしまうので、マイナーチェンジ前がお好みの方はお早めにお買い求め下さいわーい(嬉しい顔)
posted by I Love 入鹿 at 00:00| Comment(0) | ルアー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]