,琵琶湖長浜など湖東エリアや入鹿池での釣果をメインに、日々の出来事などを交えてご紹介します。" />

2007年11月29日

こませ係でしたバッド(下向き矢印)

今日は朝7時から船に乗り、釣りを楽しみましたるんるん


信屋

ポイントに向かい、走行中です。

船長の後ろから、ポイントに到着した時の魚探画像を見てたのですが、沖に入っている漁礁や水中の根を今回は狙っていました。

ポイントに到着してからボートを止めるまで、結構長い時間魚探掛けをしていましたが、潮の流れなどから漁礁や根の周辺の魚の溜まる場所を探していたようです。

エビを餌にして釣り開始exclamation×2

信屋

こんな小さい鯛はポンポン釣れますわーい(嬉しい顔)


鯛の他には、シーバスやマゴチ、アイナメ、ヒラメ、ウマヅラ、フグなどが釣れました。

最初は割と小さい魚も釣り易い仕掛けで釣りをしていたのですが、すぐに小鯛が釣れたり餌が取られるので、下を向いて餌ばかり付けていなければなりません。

そのおかげで船酔いになり、猛烈に気持ち悪くなりましたふらふら

船長に仕掛けを替えてもらったのですが、それでもチビが釣れてしまい餌が取られますむかっ(怒り)

しばらく船酔いに耐えていましたが、途中で眼界となり・・・

『オエ〜っ・・・ゲロゲロ〜』 ※汚い話でスイマセン・・たらーっ(汗)

・・と海に大量のコマセを撒きましたバッド(下向き矢印)

その甲斐あってか、それ以降隣にいた同行者の竿が良く曲がるようになりましたわーい(嬉しい顔)


吐いたあとは少し気分が良くなり、釣りは続けたのですが、また少し経過すると・・・

『オエ〜っ・・・ゲロゲロ〜』

となってしまいました・・もうやだ〜(悲しい顔)

さすがに2回も吐くと、胃の中に何も残ってなくなるのですが、辛かったのは3回目・4回目で、何も胃の中にないのに、オエ〜っとなるので、胃が雑巾搾りのように搾られているような感じで、かなり苦しかったです。

4回目には、黄色い液体(たぶん胆汁か何かかな・・?)まで出てきて、かなり衰弱してフラフラでしたが、竿は握り続けました。

船酔いがこんなに辛いとは思いませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

こんな状態でしたので、釣りの写真は一枚しか撮れませんでしたふらふら


1時まで釣りをして、信屋さんでお風呂に入り暖まり、昼食を食べてから帰途に着きました。

信屋

もずくと小魚の甘露煮


信屋

アジの塩焼き


信屋

アジの煮付け


信屋

エビフライ(食べ掛けです・・)

ご飯に赤だしをいただき、満腹で帰りました。
posted by I Love 入鹿 at 23:00| Comment(2) | 海釣り
この記事へのコメント
私も昔、師崎沖で4mの高波の中苦しんだ事があります。「もう降ろしてくれー」と言う気分でした。それ以後海の船釣りに行ってないのは言うまでもありません。
その後食事満腹食べたんですか〜。私は少ししか食べられませんでした。
Posted by I.S.会長 at 2007年12月02日 21:48
私ももう船酔いはこりごりです。
酔い止めも飲んだのですが、船に乗る寸前に飲み、消化される前に吐いてしまったので、まるで意味なしでした(><;)
上陸したらすっかり気分が良くなり完全復活しましたよ。
朝ごはんのおにぎりを全部吐いてしまったので、お腹ペコペコだったんです・・。
Posted by テスター古川 at 2007年12月02日 23:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]