2007年11月22日

タイ釣行記 4日目

とうとう最終日となってしまいました。

今日は遅めの出発ということで、朝食はホテルで食べていきました。

竹中さんが頑張って良い部屋を探してくれ、今回泊まった部屋は、リビングの他にツインベッドの寝室が2部屋あるという広い部屋でしたので、朝食は4人分出るということで、竹中さんも一緒に朝食を食べました。

すっかり写真を撮ることを忘れていました・・。

ちなみに朝食はバイキング形式で、トースターが置いてあるので食パンを自分で焼きジャム(イチゴとマーマレード)やバターを付けて食べ、飲み物は牛乳やオレンジジュース、リンゴやバナナなどのフルーツ類、他にまだ何かありましたが食べてないのですっかり忘れましたあせあせ(飛び散る汗)

しかし、『なぜ卵焼きなどが無いの?』と思ったら、目玉焼きなどは別料金でメニューから選んで注文するという方式のようで、『無いのも何か寂しいね・・』ということで、注文して食べました。


タイ釣行記4日目


今日の釣り場へ向かう途中、コンビニに寄りコーラとミネラルウォーターなどの飲み物などを買い、車へ戻る拓ちゃんです。

こんな感じで、ガンガン道路を通行している車を止めながら道路を横断します。

初めは・・

『マジですか・・?』

・・と思っていたのですが、3日もいると慣れてきて普通になってしまうのが恐ろしいですわーい(嬉しい顔)


タクシー.jpg

よく見るピンクとグレープを足したようなカラーのタクシーです。

ブルー、イエローなど、ほとんどのタクシーは派手なカラーです。


ちなみにタクシーに乗る時は、ぼったくられる事もありますので注意して下さい。

夜タクシーに乗ると、ダッシュボードに設置してある運転手の写真と、実際の運転手の顔が違うことがほとんどです。

タクシーの持ち主が車を貸し出しバイトさせているようで、道や建物をあまり知らない運転手もいるので、乗る前に目的地を知っているか確認した方が無難です。

その際にメーターを回すように『メーターOK?』と確認して下さい。

良心的なドライバーはメーターを回しますが、メーターを回さずにぼったくり行為をしたり、50〜60バーツで行けれる距離の場所を、最初から100バーツ請求して来たりします。

深夜はほとんどのタクシーがメーターを回さず、『100バーツ』などと言って請求して来ますが、深夜はメーターを回してくれるタクシーの方が少ないので、探す労力を考えると素直に払った方が早いです。

バンコク市内バイク.jpg

信号待ちの様子で、通勤時はいつもにましてバイクの数が多いです。

バイクのタクシーも多くいて、オレンジのベストを着ているのが目印です。


バンコク市内.jpg

これもバンコク市内の様子。


トゥクトゥク.jpg

これがタイの名物であるトゥクトゥクです。

バイクをベースにして後部にベンチ状のシートが設置されています。

深夜にブンブン走り廻っていて、運転はかなり荒いです。


トゥクトゥク豪華.jpg

ちょっと豪華な感じのトゥクトゥクを発見ひらめき

どうやらお店の送迎用のようです。



タイ釣行記4日目

本日のポイント、ブンマーに到着exclamation


タイ釣行記4日目

今日のランチはタイ式のお弁当のカオガ パオ ムッサプを届けて頂き食べました。

※タイ式のお弁当はこのような入れ物に入っているようです。

今日のランチは、炒めて味を付けた挽肉に目玉焼きがトッピングされていて、なかなかグッドな感じでした。




今日は3〜5キロが多く、それ程サイズは上がらないかも知れないが、数は釣れるとのことでした。

4日目バラマンディー

マックスは4.8キロでしたが、3.5キロクラスでも十分に楽しめる程猛烈なファイトをしてくれまするんるん

ダッシュ力が半端なく、ジャンプもかなりします。

フッキングした瞬間に、4m程横っ飛びした奴もいましたがく〜(落胆した顔)


また後日時間が空きましたら、この日の釣り風景の動画もアップしますので、また後日に今日のブログを見直して下さいねexclamation


タイ釣行記4日目

釣りの帰りの車内から撮影したポリBOX

ほとんどの交差点の信号機は、交差点付近にあるこの建物の中に警察官がいて信号を操作しているようです。

ちなみに、切り替えるタイミングは秒数を計っている訳でもなく、適当?だそうです。

さすがはタイと言ったところでしょうか・・たらーっ(汗)

ですので警察官の数は凄く多いようで、給料は結構安いようです。

ですので、交通違反の取締りを行って違反者からお金を受け取って自分の懐に入れる警官が多いようで、違反をしていなくても停止させられてお金を取られることも多いようです。



ホテルに帰った後に帰り支度をしたのですが、荷物が多くなりすぎた為、徒歩で昨日行ったスクミット通りまでスーツケースを買いに行きました。

歩いていると、あるものがよく目に付きます。

タイ釣行記4日目

信仰心が厚いタイでは、ほとんどの建物の前には、このような日本で言うところの神棚のようなものが設置されています。


タイ釣行記4日目

タイは王国なので、国王の絵も飾られているところが多くあります。

ちなみに月曜日は、国王への信仰を表すためにイエローのシャツなどを着るという習わしがあるようで、初日の月曜はかなりイエローのシャツを着ている人が多くいました。


帰り支度を済ませ、空港まで竹中さんに送って頂き出国審査の前で、お別れをしました。

4日間あっという間に終わってしまいましたが、事故もなく無事に帰国することが出来ました。

この4日間ずっと案内して頂いた竹中さんに感謝です。

『また必ず来るぞexclamation×2

・・と誓い、タイランドを後にしました・・。





posted by I Love 入鹿 at 22:00| Comment(0) | 海外釣行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]