2012年12月05日

シーズンINるんるん



image/2012-12-05T16:45:37-2.jpeg





image/2012-12-05T16:45:37-3.jpeg


今日は入鹿池でするんるん





本当は、今日は来れる日ではなかったのですが、急遽仕事がなくなったので、家内のOKをもらい重役出勤の11時半頃スタートですexclamation








image/2012-12-05T16:45:37-1.jpeg


まだまだ増水して欲しいですが、気が付けば随分増えたものですね・・。









先週より冷え込んで来たし、時間も僅かしかないので、もうそろそろ本格的に冬の釣りでグッドサイズのみを狙う事にし、アラバマ、デビスイGH、サスペンドシャッド、ロックジグ&ビッグダディーの4種類のルアーに絞り攻める事に・・。








スタート時の水温は10.4℃






相変わらず、黒っぽく濁った変な水質です・・。







基本は岩盤攻めのため、六軒岩 ⇒ 灯台 ⇒ 灯台裏 ⇒ カモウチワンド ⇒ 教会 ⇒ 羽黒岩盤 ⇒ 今井口岬と攻めますが、全く反応なし・・







そして、本命の今井川筋へダッシュ(走り出すさま)





今井の河口付近の水温は10.2℃でした。





image/2012-12-06T21:33:40-1.JPG


そしてサクッとX-Rap シャッドラップで40cmキャッチexclamation







とりあえずは嬉しいのですが、このサイズを釣りに来ている訳ではない・・・。












その後は、全く反応無く、減水後では初めて最奥エリアまで足を伸ばしてみました。





image/2012-12-05T16:45:37-5.jpeg


最奥エリアの水温は8.8℃でしたひらめき













その後は、五条川河口方面へダッシュ(走り出すさま)








時間も無いのでサクサクとチェックしますが、全く反応なしあせあせ(飛び散る汗)










残り時間も僅かになり、急いで今井川筋に戻りますダッシュ(走り出すさま)












X-Rap シャッドラップで流している時に、ポーズ中にゴンッどんっ(衝撃)っとバイトがexclamation






すかさずフッキングすると、フッキングの感触ではなく、ルアーが魚に激しく当たったような妙な感触がし、フッキング出来ていませんでしたバッド(下向き矢印)





クソ〜・・っと思った瞬間に、水面直下を凄い勢いで魚が私の方に向かって来ますひらめき





えっexclamation&question    何っexclamation&questionexclamation&question








ボートにぶつかる寸前に、急に向きを変えたと思ったら体を横倒しにして、凄いスピードで3mくらいの弧を描きグルグルと5周くらい回ったと思ったらどこかへ行ってしまいましたがく〜(落胆した顔)






この魚の正体は、45cmクラスのヘラブナでしたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)







多分、フッキングした瞬間に、思い切りルアーが頭にでも当たってビックリしたのかなぁ〜??わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)












気を取り直して流していると、凄く小さなバイトがありましたが、ノセられず・・・














作戦変更で、デビスイJHで一段下のレンジを攻める事に・・・











あと2〜3投で終わろうと思ったキャストで、ミドルのピンの岩にカーブロールスイミングで当ててみますが反応無く、そこから中層をスイミングさせていると、突然根掛かったようにルアーが止まった・・。








んっexclamation&question







喰ったひらめき











サイズはボチボチ良さそうるんるん







image/2012-12-06T21:33:40-3.JPG


無事にネットINるんるんるんるん







お立ち台のメジャーの上に置くと55cmくらいありそうexclamation&question





が、キッチリ測ったら54cmでした。







image/2012-12-05T16:45:37-6.jpeg


良い感じに喰ってまするんるん









連発を期待しましたが、反応無く今日は終了〜・・








しかし、ようやく私の大好きな季節がやって来ましたねグッド(上向き矢印)揺れるハート









これからが楽しみですね〜ぴかぴか(新しい)






posted by I Love 入鹿 at 23:30| Comment(0) | 入鹿池
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]