2012年11月25日

DT-10内部構造公開




かなり前から、やりたかった事があったのですが、最近になり、ようやく行う事が出来ましたるんるん











何かと言いますと・・・









DTシリーズの内部構造調査ですひらめき


※タイトル見れば直ぐに分かりますよね・・わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)












少し前に、フックに付いたゴミを取ろうと、DT-10を水面に何度か叩き付けたら、リップがポッキリ折れてしまいましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)







ようやく、これで何の惜しげもなくぶっ壊せると思い、この度カッターで削って内部構造を調査する事に・・。

















image/2012-11-19T20:09:20-1.jpeg


まずは、ざっと半分くらい削った状態・・









更に削り続け・・













image/2012-11-19T20:44:13-1.JPG


これで、丁度半分くらいかな??









image/2012-11-19T20:10:54-1.JPG



ここまで削ると、完全に内部構造が理解出来ますねexclamation







フロントフックのアイの付け根から前にかけて鉛のウェイトが入っており、ラトルルーム、そしてリヤフックのアイまでがプラスチックで一体構造になっています。








見て分かるように、リップは刺さっているだけの状態ですが、リップの構造だけは以前から知っていましたひらめき







っと言うのも、かなり前になりますが、新品のラインに巻き替えて直ぐにDT-10をフルキャストしたら、ラインが切れてルアーが飛んで行ってしまったと思ったら、ラインの先には抜けたリップが付いていました目exclamation&question






そして、巻き替えたばかりのラインが猛烈にバックラッシュし再起不能に・・ちっ(怒った顔)むかっ(怒り)






この時に、初めてリップが刺さっているだけという事を知りました・・。。。。










よっぽど大丈夫だと思いますが、リップにラインアイが付いているので、一度こういった不良品があると、ちょっと怖いところがありますので、リップも全て繋がっていて欲しいところですが・・・。





















せっかくなので、いろんな角度から撮影してみましたカメラ







image/2012-11-19T20:09:20-3.jpeg


下から・・








image/2012-11-19T20:09:20-4.jpeg


上から・・










image/2012-11-19T20:09:20-5.jpeg


斜め上から・・











image/2012-11-19T20:09:20-6.jpeg


斜め前から・・








image/2012-11-19T20:09:20-7.jpeg


斜め前、下から・・












image/2012-11-19T20:44:55-1.JPG


下側をテール側から・・












これだけ撮影しておけば、もう十分ですねexclamation











たくさんのDTを泳がせたり、ライトチューンをしたりしましたが、忙しくてなかなかゆっくりスイムテストもしていられないので、DT改造計画が途中で中断していましたが、今回内部構造を調査したことによって、次にやるべき事が見えて来ましたひらめき






まだまだ、いろいろと出来る事が残されていますので、これからどう化けるか?非常に楽しでするんるん







私の魚が減ってしまうので、これからのチューンは秘密裏に行いますが、実際の成果は、また来年の秋になってしまいそうですねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
























posted by I Love 入鹿 at 22:00| Comment(0) | ルアー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]