2012年11月04日

2012年 I.S.B.A.第5戦





image/2012-11-04T21:10:43-1.jpeg


今日は、入鹿池の2012年を締め括る、I.S.B.A.の最終戦、第5戦でした。








今日の天候は晴れ、水位は満水時より約5.2メートル程のマイナス状態。




水温は朝16.3℃と昨日よりちょっとだけ下がってました。




昨日はかなり寒かったですので・・・





水質は本格化したターンオーバーもピークを超え、赤褐色の濁りが続いてている状態でした。






今回の参加人数は、かなり少ない10名ふらふら





ちょっと寂しいですね・・・。






こんなに少ない大会は初めてですバッド(下向き矢印)













image/2012-11-04T21:10:43-3.jpeg


ワカサギシーズンINの休日の入鹿池だけあって、ワカサギ船が湖上にはたくさん浮いています・・たらーっ(汗)







後に、このワカサギ船に苦しまされることに・・・。














まずは、昨日のプラの様子から・・







昨日のプラでは、まず大三角、そして入鹿荘沖からチェック開始exclamation






が・・・





全然魚っけなし・・たらーっ(汗)






稲荷山沖の水中島に入り、いろんなルアーを投入しますが反応なし・・。









魚探で島の上をチェックし、トップのフラットや周辺に、バスの魚影がある事確認しました。








ここで最後にアイスジグを投入exclamation×2






現在の状況を想像するに、他のルアーで喰わない場合に効果を発揮すると思っていたので、今大会のキーになるルアーとなる可能性が高いため、確認の為に、あえてアイスジグを最後まで投入しませんでした。





そして、35p位~44p位までのサイズを怒涛の7連発キャッチるんるん







完全にアイスジグパターンにバックリハマってます手(チョキ)








そして、スクールを釣り切ってその後はパッタリ反応なし






稲荷裏道路跡に移動ダッシュ(走り出すさま)





魚探映像も全く生命感なしで、案の定反応なしで移動ダッシュ(走り出すさま)








郷川沖のバスのなる木で、カバークランキングで38pキャッチexclamation






ライトリグ投入すれば、まだ獲れるかも知れませんが、今回はパスし移動ダッシュ(走り出すさま)








五条河口周辺のピン等は一切ワームはなしで、巻物でチェックしますが反応なし。






今回は、このエリアは巻物でしかやりたくなかったので・・・







そして期待の赤壁沖に移動ダッシュ(走り出すさま)






既に、常連の横山氏と友達の方??が一等地にマーカーを投入していますあせあせ(飛び散る汗)









周りを少し探らせてもらいますが、反応なしあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)








でも、マーカーが入っているピンは結構釣れているがく〜(落胆した顔)






そして、同じくプラに来ている田中氏もこれを確認しています。








その後は、いろいろなエリアに入りますが、なかなか反応なく、風のタイミングで灯台裏に入り5mラインでBカスタム1ozで38pと40pを連続でキャッチexclamation





釣れた直後に2~3本のバスが通過する映像が魚探に映ったので、完全な回遊のタイミングですね・・。






そして、最後に稲荷裏の道路跡で、Bカスタム1ozで38p位と、イマイチな釣果ではありましたが、アイスジグパターンを確信出来たので、活路は見出せました。














そして、本日のプランを考えましたが、個人的には大本命の赤壁に入りたいところですが、数名の方が狙っているのは考えれば当然の事・・・。







田中氏と成瀬氏は間違いなく狙っているであろうと思われますが、この両者のエレキはモーターガイドツアーの109ポンド・・。





どう考えても、ポイントまで競争しても、良い場所に入れないのは明らか・・ふらふらたらーっ(汗)






さて、どうしたものか・・???







そして、いろいろと考えプランを決定exclamation






まずは、午前中に稲荷沖の水中島でとりあえずキーパー5本を揃え、その後は赤壁で釣っている方の周囲(完全にポイントから外れた位置で・・)で、回遊して来るバスを中層で喰わせる。






昨日の感じからして、水中島にスクールが入れば、35cm〜40cm位までの、粒揃いのキーパー5本は容易いと思われるので、10時頃にはミッション完了するであろうと思っていました。






そして、良い風が出て来た瞬間に、灯台裏等でキッカーを獲るexclamation





・・と言った感じでしたが、まあそんなイメージ通りには全く行かないものですね・・わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)












スタート後にまずは、稲荷沖の水中島に入りますが、全然魚っけなしあせあせ(飛び散る汗)










ダウンショットでチビをキャッチしますが、全くその後が続きませんあせあせ(飛び散る汗)











あまりに反応が無いので、灯台裏をチェックしつつ赤壁に移動ダッシュ(走り出すさま)








今井氏と成瀬氏は釣ってるみたいだけど、あまり良い感じではないみたい・・。













そう言えば、赤壁で皆さんの周囲で投げさせて貰っている時に、ビッグスプーンをフルキャストしたらプッツリラインブレイクしてビッグスプーンが遥か彼方に・・ぴかぴか(新しい)







フルキャストしようとロッドを降った瞬間に切れたので、ロッドがバイーンッとなって、アンタレスDCとGルーミスのセットを手からすっぽ抜けて飛ばしてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)







ネットを使って間一髪救出成功しましたが、かなり焦りましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)








時間差で成瀬氏が・・




『痛っexclamation  スプーンが当たった』






田中氏が・・・





『ブランド物の服にスプーンが刺さって穴が開いたexclamation






っと、言って私に金品を要求しようとして来ましたがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)









この二人の傍では、ビッグスプーンやジグはキャストしない方が身の為ですな・・・。














そして、赤壁を見切り、郷川方面をサラッとチェックし稲荷沖の水中島に入り直しますダッシュ(走り出すさま)










image/2012-11-04T21:10:43-2.jpeg


そして、直ぐにアイスジグで、良いのが来ましたグッド(上向き矢印)








そして、ここからが我慢の釣り・・・・








何が我慢かって、十数艇のレジャーのワカサギ釣り師が、私のキャストしているコース上をガチャガチャとボートを漕いで進入されたり、コース上でアンカー降ろし始めるわ、マーカーの直ぐ横を通過しているのを我慢して見てたら、『何だコレ??』っとマーカーを拾い始めたりなどなど、挙げたらキリが無いくらいの妨害を受け続けましたむかっ(怒り)









『怒ったら負けだ・・。』っと自分に言い聞かせ、冷静にキャストを繰り返しました。








結局、アイスジグとビッグスプーンでチビを一本づつキャッチし、タイムアップバッド(下向き矢印)






もう一本が獲れなかったぁバッド(下向き矢印)ふらふら










今日は、ワカサギ船のプレッシャーもあったのか?島のトップのフラットに全然バスが乗っかってくれませんでした・・ふらふら







釣れた直後に、フラットより少し下のレンジをバスが通って行く映像が魚探に映っていたので、ポイントを通過する瞬間のスクールのバスを釣っていた感じみたいです。








ポイントにバスが止まってくれなかった為、今日はスクールフィッシュを連打出来なかったようです・・。

















それでは結果発表ですexclamation





今回は10名中の7名がウェインし、優勝は・・・














image/2012-11-05T11:01:14-1.JPG






今井氏で、赤壁沖にて、スワンプネコとアラバマリグで34p〜39pを5本キャッチし、計4,255gぴかぴか(新しい)


















image/2012-11-04T21:10:43-10.jpeg






準優勝はワタクシ古川で、前回に引き続きの2位、毎回今一歩足りませんねバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)



今回も、あと一本獲れてれば・・・。




稲荷山沖の水中島にて、アイスジグ、ビッグスプーン、ダウンショットリグで、29p〜51.8pを4本キャッチし、計3,945gでした。














image/2012-11-04T21:47:14-1.JPG


アイスジグで獲った、起死回生の51.8p(2,440g)でするんるん





この魚に救われましたわーい(嬉しい顔)














image/2012-11-04T21:10:43-5.jpeg







3位は飯野氏で、五条川側沖のブレイクと郷川沖のウッドカバーにて、スモラバとダウンショットリグにて、31p〜39.5cmを5本キャッチし、計3,450gぴかぴか(新しい)





















image/2012-11-04T21:10:43-8.jpeg


4位は成瀬氏で、赤壁沖にてヘビキャロで41cmを1本キャッチし、計1,230gぴかぴか(新しい)


















image/2012-11-04T21:10:43-4.jpeg


5位は奥田氏で、五条川側沖のブレイクにてスワンプネコとダウンショットで、30pと34.5cmをキャッチし、計1,170gぴかぴか(新しい)








image/2012-11-04T21:10:43-7.jpeg


6位は会長の松永氏で、五条川河口沖の岩周りなどで、バイブレーションにて40cm(1,090g)をキャッチし、計1,090gぴかぴか(新しい)





















image/2012-11-04T21:10:43-6.jpeg


そして、今井中流域にて、同じくバイブレーションで、ヘラ師も羨むサイズのヘラブナの47p(2,135g)をキャッチexclamation





これがバスだったらねぇ〜わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)














image/2012-11-04T21:10:43-9.jpeg


7位は会長の河合氏で、入鹿荘沖ので、ダウンショットリグにて32cm(525g)をキャッチし、計1,090gぴかぴか(新しい)














image/2012-11-04T21:10:43-12.jpeg


そして、今年度の大会プログラムが全て終了し、平成24年度のA・O・Y(アングラー・オブ・イヤー)は、奥田氏に決定しましたexclamation






奥田っちさん、おめでとうございますぴかぴか(新しい)








そして、上位3名の年間ポイント獲得数です。



1位 奥田氏 74ポイント



2位 今井氏 61ポイント



3位 飯野氏 51ポイント



私は、第2戦と第3戦を欠場で、合計43ポイントで5位という結果でした・・。



とりあえず、全戦出場出来る環境を整えないとね・・あせあせ(飛び散る汗)






















そして私は、今回の51.8p(2,440g)で年間ビッグフィッシュ賞と、年間のトータルウェイト賞(今年度ウェインしたバスの合計重量ですね)を頂きましたるんるん




私にとって、この2つの賞が何より嬉しい賞ですねわーい(嬉しい顔)るんるん






トータルウェイトは・・



1位 古川  6,205g



2位 飯野氏 5,515g



3位 今井氏 5,335g



という結果でした。



image/2012-11-04T21:10:43-13.jpeg


そして、年間賞の皆さんで、集合写真カメラ




何故か?マヨネーズを持ってますが・・わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)








image/2012-11-04T21:10:43-14.jpeg


きちんと撮り直しですカメラ










勿論、年間賞の賞金は、一年間支えてくれた家内へのお礼に、お小遣いとして進呈しました。








まあ、大した金額ではありませんが、ほんの気持ちです・・。












とまあ、こんな感じで本年度は終了致しました。





役員さん並びにメンバーの皆様方、一年間お疲れさまでしたexclamation





そして、協賛メーカー様、協賛ショップ様、本年度も大変お世話になりありがとうございました。






今年も、事故もなく無事に大会プログラムを終える事が出来て良かったです。





また来年度も、宜しくお願い致します。






大会は終了しましたが、これからは私の大好きな冬の到来でするんるん





今季はどんなドラマが待っているのか?





今から、ワクワクしていますわーい(嬉しい顔)





寒くなりますが、皆さん頑張って湖上に出ましょうね〜手(パー)わーい(嬉しい顔)
posted by I Love 入鹿 at 21:54| Comment(0) | 入鹿池
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]