2012年08月02日

異変exclamation&question













image/2012-08-02T19:16:12-2.png


今日は、看護師さんから、昨日の息子の採血データを頂きましたひらめき








一番左の列の19行目に、CRPという欄があるのですが、これが先日言っていた血液中の炎症反応の数値で、正常値は0〜0.30の範囲です。






7月27日の時点では、このCRPの値が0.03だったのが、発熱後の7月30日には3.05まで上昇ふらふらあせあせ(飛び散る汗)









一時はアクス中止か?と思われたのですが、昨日8月1日時点では0.7まで減少してたようで、ちょっぴり安心わーい(嬉しい顔)














そして今日、短時間の脳波測定があったのですが、少し眠くなった状態の脳波を取りたいと言われたので、脳波測定を行った1時間程を、私が抱っこした状態で脳波を取ってもらいました。







抱っこした状態で、ずっとソファーに座っていたので、脳波が映されるモニターが私からは見えませんでしたが、終わり掛けに脳波室に入室して来た家内が、モニターを見て 『アッがく〜(落胆した顔)』 と声を上げたと思ったら 『脳波が綺麗になってるexclamation×2』 と言いましたひらめき






産まれてから、息子の脳波は平常時でも、睡眠時でも、グチャグチャ〜と落書きをしたようなくらいの激しい脳波で、唯一正常な脳波に近い脳波が出るのは、発作が終わってボーッとする時がたまにある、その一瞬だけでした。







あまり不機嫌になっていないし、食欲も変わりない状態でしたので、本当にアクスが効いているか分からない状態でしたが、ただ前回病院に来た時に、発作の様子が微妙に変わっていた事に気が付きました。







発作の回数自体は変わらない位の回数あるのですが、シリーズ発作で連続して続く発作の回数が少し少なくなっていたのと、発作時に頭をカクンと振る動きがかなり少なくなっていました。





どうやら息子にはアクスが効果を現し始めているようですわーい(嬉しい顔)










image/2012-08-02T19:16:12-1.jpeg


やはり、このポンポコリンに変貌したお腹もアクスが効いて来た証拠なのだと思います。










先生が脳波を見た結果も聞きましたが、やはりアクスが効き始めているようだと言っていました。






只、息子の場合は、滑脳症と言う病気が元々の脳にあるため、まず発作が無くなる事はないと言われているので、今回改善され始めている発作は治まったとしても、隠れていた部分発作などが姿を表す可能性がかなり高いと思います。






なので、息子にとって苦痛であったり、発育を阻害するような発作を上手く減らせると良いのですが、発作もどんどん形態を変えたりしますので、なかなか難しいです。







とりあえず今は、アクスの治療が上手く行く事を望むばかりです。


posted by I Love 入鹿 at 23:36| Comment(0) | 子育て日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]