2007年12月21日

愛用の品 Part5

今日も全くのネタなしということで、久し振りの愛用の品シリーズです。


今日のスネアは・・・


フリーフローティング 001.jpg

パールのフリーフローティングシステムのスネアです。



フリーフローティング 003.jpg

このスネアはブラス(真鍮)製なのですが、このフリーフローティングシステムの特徴としてシェル(胴の部分)が変えることが出来るんです。



フリーフローティング 002.jpg

上の画像を見て頂くと分かるのですが、シェルにラグ(金具)が付いていないんです。

原理的には、上からと下からとお互いが引っ張り合うことによって、シェルを固定する形状となっています。


シェルが交換できるということの他に、余分な部品が付いていないので、自然な鳴りが得られるというメリットもあります。


しかし、交換用の他の材質のシェルを持ってませんので交換することが出来ません・・


シンカーなどでも音を出すようにブラス製の物もありますが、ドラムの材質としても使われるのは、その独特な音に惹かれる部分があるからなのでしょうね。


少し汚れてましたので、また暇があったら磨いてやることにします。



posted by I Love 入鹿 at 23:00| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]