2011年07月15日

新戦力ひらめき



少し前から、私の使用しているGPSのGB―200にセットしていたGPSレシーバ(アンテナのことね・・)が調子悪く修理に出そうとしたのですが・・




このご時世ということもあるのか、購入したところが廃業していました・・ふらふら




純正ではなく、ガーミン社GPSレシーバのプログラムを修正し、ホンデックス用に加工して作ってもらったものなので、どうしたらいいものやら・・たらーっ(汗)





そこで、K先生に相談したところ、無料で診断してくれましたるんるん






どうやら、GPS本体から供給される電圧では電圧が不足する時があるようで、故障ではないようです・・。




ホンデックスのGPS魚探本体から供給される電圧が低いのか、ローランスのGPS魚探ではしっかり受信するようです。






どうしようか悩みましたが、新型のアンテナがかなり高精度らしく、これも良い機会かも知れないと考え、今まで使っていたアンテナGARMIN GPS16-HVS から、後継機のGPS16x-HVSに買い変える事にしましたexclamation





・・と言う訳で、前回長浜に行った時に、K先生に新しいアンテナを持って来てもらった訳ですひらめき








ちなみに下の文がK先生からのメールの返信のコピーです。




アンテナの精度については、一概に言えない部分も多いのですが・・・


ご参考までにローランスのHDSで位置精度の検証をした結果ですが、旧型ガーミンが誤差10数メートルの時に、新型ガーミンでは数メートルといった感じです。


ちなみに今一番精度が高いのはローランスのLGC-4000です。



それとほぼ互角か少し落ちる程度で新型ガーミン。


その次にHDSの内蔵アンテナと旧型ガーミンがほぼ互角で、ローランスの旧型LGC-3000はその下、GB200の純正はさらに落ちるといったところですね。



もちろんホンデックスにはローランスの接続はできませんので、現在一番精度が高いのは新型ガーミンとなります。




とのこと・・



チャンポン号では、コンソールとフロントと2台のGB-200を使ってますので、片方だけ精度が高くても意味がないので、結局2台買い変えることにしました。




痛い出費ですが、今後の事を考えると仕方ありませんね・・。




また魚探掛けを頑張らなきゃあせあせ(飛び散る汗)





ちなみに、GARMIN GPS16-HVS と、後継機の GPS16x-HVS の見た目は特に変わりありませんが・・







image/2011-07-15T22:49:08-1.jpg


GARMIN の文字が大きい?太い?のが旧タイプで・・







image/2011-07-15T22:49:08-2.jpg


GARMIN の文字が小さい?細い?のがニュータイプですよ。


posted by I Love 入鹿 at 23:05| Comment(0) | タックル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]