2007年06月13日

入鹿池用タックル



今日は入鹿池用のタックルを充実させるべく作業をしました。




今年最初の大会前日、準備に追われろくに寝れなかったので 『これはいかん』 と入鹿池専用ボックスを作りました。




先日もそのボックスを持ち大会に挑みましたが、あれもこれもといろいろなルアーを持っていこうとすると、収納しきれないのでワーム専用のボックスを増やし、プラグやジグなどとは別のボックスに収納する事にしました。








入鹿タックル


不用なプラグは除き、釣れそうなものでボックス内の充実を計ります。





今までは、『琵琶湖用の一軍から外れたものでいいや』と少々軽く見ていたので、これからは入鹿専用一軍ボックスを充実させて行こうと思っていますが・・また出費が多くなりますあせあせ(飛び散る汗)









入鹿タックル


ZBCのスーパーホッグに毛を移植してみたら、 『これどーなの・・』 という感じだったものが 『これ釣れそう揺れるハート』 という感じで、猛烈に釣れる気がしてきましたひらめき




こういった作業により、自信を持って使用できるようになることも大事ですよね!





琵琶湖ではほとんど使わないので、入鹿池用に試してみようと思います。









入鹿タックル

ライブウェル用のクーラーボックスのバス脱走防止用ネットも、取り付け方を変更してみました。






前は配線止めを利用し固定していましたが、今回は配線カバーを利用してより強固に固定させました。









入鹿タックル


100均で購入したエポキシの2液性のボンドを使用し接着しました。






A液とB液を混ぜ合わせると硬化し始めるタイプのものですが、異常に硬化が速くすぐに固まってしまうので、少量づつ混ぜて使いました。




前回使用時に、一度に全部混ぜたらアッという間に固まり、全く使えずに終わってしましました・・たらーっ(汗)




今回はしっかりとサンドペーパーをかけてから接着しました。





ツルツルした場所を接着する時は、こうした方がしっかりと接着できます。





接着面に細かい凸凹ができるのでボンドがしっかりと噛んでくれるのです。






明日は琵琶湖の予定でしたが、風が強そうなので入鹿池に行こうと思います。




釣れるといいですが・・。

posted by I Love 入鹿 at 20:30| Comment(0) | タックル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]