2011年02月15日

見学



今日の午前中は親に息子を預け、嫁と一緒に障害者通所授産施設の見学に行って来ました。




各所に似たような施設はいろいろあるのですが、現在通っている養護訓練センターから案内が来て、今日行った施設の見学会があるとの事で行って来た訳です。





将来的に、息子をこのような施設にお願いしなくてはならないかも知れませんし、自分自身このような施設が具体的にどんな活動をしているのか知りませんでしたので、良い機会だと思い見学して来ました。






今日まで、障害者通所授産施設の授産という言葉が、何から来ているのか全く意味を知りませんでしたが、障害者が施設内で労働する事により、それに対して給与を支払う形態のものをこのように言うようです。






今日見学に行ったところでは、シイタケの栽培、クッキーやパンの製造、喫茶店の営業、リサイクル資源の収集などを行う事により、それに対する収入から、障害者に給与を支払っているそうです。




障害の程度により、出来る事や出来ない事があるので、行う作業により給与が変わって来て、安い方では月に1,500円程、4,000円程や、一番高い方で月に2万円程の給与が支払われているようでした。






安くても、給与が発生する事により、作業を頑張ろうという気持ちや姿勢などを促し、障害者本人の可能性を引き出して行こうという試みのようです。







image/2011-02-15T21:42:13-2.jpg


ほんの僅かでしょうが、少しでもそういった方達の足しになればと、クッキーとパンを今日は購入して来ました。







とりあえず、今日行って少なからず理解する事も出来ましたし良かったと思いました。






しかし、障害の程度は人それぞれですが、奇声を発していたりする方や、飛び跳ねながらずっと笑っていたりする方などもいて、こんな事を言うのは凄く失礼な事だとは思いますが、普通の感覚で見てしまうと、凄く異様な光景には感じてしまいます・・。




でも、こういった風に感じるのは、当たり前な事なんだと思います。




たまたま、自分の息子が障害があるから、私もこういった施設を見学にも行った訳でして・・




普通の方達よりも、考えが障害者寄りにはなっていると思いますが、まだまだ自分の感覚的にも全てを普通に受け入れられている訳ではありません・・。






今はまだ小さくて可愛いけれど、自分の息子が大きくなった時に、今日見たような感じになってたら・・




果たして、その時息子の事を愛していられるのか・・??




そのつもりではいますが、正直、自分でも自信はありません・・。。。。





・・でも、それが当たり前なんだと思います・・。






とにかく今は、たくさん息子に愛を注いで、少しでも出来る事を増やしてあげたいと思います。




















posted by I Love 入鹿 at 23:26| Comment(2) | 子育て日記
この記事へのコメント
古川さんがお子さんの事をブログに載せて以来のコメントになります。琵琶湖の釣りが好きで、長浜からタクちゃんにガイドしてもらっていましたので古川さんのブログは拝見させていただいています
古川さんの事をブログで見ていて大変だな〜って思っていましたが、我が家も障害を持った子が昨年産まれまして、全く知らなかった世界を知る機会が増えました。まだ正直受け止められない事もありますが、自分なりに前向きに頑張っています
勝手に古川さんに親近感を覚えてコメントしてしまいました
数年長浜に行けていないので、今年こそはと思いつつ是非ガイドでもしながらお話したいです
Posted by 横浜人 at 2011年02月16日 23:18
横浜人さん、コメントありがとうございます。

私もそうでしたが、たいへん辛い思いをされたと思います。

私も、テレビなどで障害を持った方を取り上げた番組を見たりして、大変だな〜とか、可哀想だな〜とは勿論思っていましたが、実際に自分がそのような立場に立たされるとは、思ってもいませんでした・・。

同じような境遇に立たされた人しか、その思いは絶対に理解出来ないと思います。

横浜からですと遠いですし、家庭的な事情もあってなかなか琵琶湖に来られないかと思いますが、やはり自分のストレスも上手く解消しないといけないと思いますので、また良い時期になりましたら、是非遊びに来て下さい(^^)

またいつでも、気軽にコメントして下さいね♪

それではまた・・



Posted by 古川 at 2011年02月18日 20:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]