2007年05月22日

バシバシシェイク

今日は特にネタが無いので、私の好きな釣り方の一つであるチューブのバシバシシェイクについて軽く触れたいと思います。


このバシバシシェイクなるテクニックですが、もともと奥田さん(ロボ奥田氏)の必殺技(最近あまりやってないかもしれませんが・・)で、私も最初は何が何だか分かりませんでした。


最初はビデオなどで見て(ロボ奥田のイージーキャッチバスを探せ!というビデオ)何となくやってはいたものの、全く釣れませんでした。


しかし、ある日思い立って『今日は釣れなくてもいいから、これをやり通そう』と思い一日中チューブを使い通したところ、なんと4本程のバスをキャッチする事に成功しましたわーい(嬉しい顔)


一日やり通した事により、何となく何かを掴みこのテクニックの意味が分かり始めてきました。


そうなると不思議なもので、自信が出てくる次項有使用頻度が増える次項有良く釣れる次項有もっと自信が付き、より使い方を理解する、というように良い方向に事が進んで行くようになります。


誰でも苦手なルアー・リグ・又はテクニックなどがあると思いますが、自分から積極的に使うことによって、何かを掴むことができると思いますので、皆さんもいろいろとチャレンジしてみて下さいね!


私ももっと上手くなれるように、いろいろと課題を作って釣りをしています。



話がそれましたが、とりあえず準備するものはチューブワーム(シグナルのロボチュー・ティファのサスペンチューブなど・・。一応状況で使い分けてます。)とジグヘッド(シグナルのスピードヘッド・廃盤となりましたがスミスのブレッドヘッド)1/4oz、シャロー攻めや陸っぱりなどでは3/16ozが使いやすいと思います。

※スピードヘッドは1/4ozしかありません。


フックサイズは2/0がベストですが、3/0でもOKです。


ジグヘッドはチューブの中に挿入して使用します。


私がよく使用するカラーはロボチューでいうと長浜爆弾(ウォーターメロンレッドフレーク)・馬糞(グリーンパンプキン)・草餅(ウォーターメロン)・琵琶湖エビ(パープルウィニー)・脱皮エビ(ナチュラルプロブルー)をメインに、水の色などを見て状況に合わせ使用しています。


私の好きなセッティングはジグヘッドをマニキュア(少しメタリックっぽいカラー)の赤で塗り、ウォーターメロンのチューブの中に入れたものです。


ロボチュー.JPG


写真はブレッドヘッドの1/4ozの3/0フックです。



ロボチュー.JPG


この赤色の見え方が、強すぎず弱すぎずいい感じなのです揺れるハート


ラインは基本フロロの5ポンドで、場合によって(めったに使いませんが)4ポンドも使います。


ロッドは6フィート程のミディアムライトクラスの張りがあるカーボンロッド(私はエッジプライドEPGS602を使用しています。EPGS662でもできなくは無いのですが、ロッドが長くなるとアクションが付けにくくなる事と、テーパーが(ロッドの曲がり方が)若干スローテーパー気味になるのでウィードなどをカットし難くなり、リアクションを効かせ難くなります。


あとはフルキャストし、ボトムまで沈め、もしくはカウントダウンし、ボトムから30〜50センチ程上を引いてくるイメージでバシバシと糸鳴りがするようなシェイクをしながらリールを一定のスピードで巻いてきます。


アタリはグウィーンと重くなるのでリールを巻きながらスィープに合わせればOKです。


また次の機会に詳しい使い方を、図を交えながらご説明しようと思います。


明日の午後〜明後日と琵琶湖に出撃してきまするんるん
posted by I Love 入鹿 at 23:59| Comment(0) | ルアー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]