2007年05月16日

デスアダーノーシンカー

今日は、先日(5月12日)お土産に頂きました鳩サブレを食べました。

鳩サブレ

美味しく頂きましたわーい(嬉しい顔)
小黒さん、荒木さん、富永さん、尾藤さんごちそうさまでするんるん
ありがとうございました。

他に特にネタが無いので、5月8日に釣ったデスアダーノーシンカーのただ巻きについて書きたいと思います。
最近ジョインテッドクロウ(スロー引き)やLo-Fi又はI字系などの動かない(変に動きすぎない)ルアーが注目されつつあると思うのですが、このデスアダーノーシンカーの超スローリトリーブも同じような感じで使ってみました。
この時は、超メジャースポットの取水塔において、ドピーカン・ベタ凪&激プレッシャーという状態で『アフターのニュートラル状態の魚にどう口を使わせようか?』と考え、試したところわずか2投目で釣れてしまいました。
『これは少し研究する価値があるな』と感じ、いろいろな場所で使用してみましたが、ジョインテッドクロウでは攻められない場所(ルアーが引っ掛かってしまうような場所)などや、ナチュラルドリフトでラインを流し縦ストなどに擦りつけるようにルアーを通したい場合や、ビッグベイトではアピールが強すぎると思われる時はすごく効果的なルアーだと思いました。
先日はパイルドライバーというフックの3/0サイズ(デスアダーは6インチを使用)を使用しましたが、とても便利だと思いました。
と言うのは、ただ巻きの場合浮かせやすく安定して動く(進む?)ようにワームを横セットで使用するのですが、フォールで狙いたくなった場合などにワームのヘッド部分のフックを外す事なく回転(スクリュー部分でセットてあるため)させて差し直せば簡単に縦セットにする事ができますし、激しくスキッピングなどをしても簡単にはずれる事もありません。

デスアダー.JPG

このように、微妙にワームを上向きにセットすると水を受けてくれるため安定した泳ぎ(動きませんが・・)をしてくれます。
後はキャストし、少しロッドを立て気味にしながらひたすらゆっくり引けばOKです。ラインは張ろうとしてはダメですよ!たるみを一定に保つような感じのスピードでOKです。

デスアダー.JPG

縦セットで使う場合は上の画像のように、純正のスリット部分よりヘッド方向に向けハサミなどを使いスリットを延長するとフッキングが良くなりそうです。
まだまだ研究中ですので、また何か効果的な使用法がありましたらご報告しますね!
posted by I Love 入鹿 at 12:54| Comment(4) | TrackBack(0) | ルアー
この記事へのコメント
とても、興味深い内容ですね。
質問させてください。

?@ JHスイミングとの違いがあるのですか?
?A ロッドやラインは何を使っていますか?
?B 中層を泳がしているのですか?

よろしくお願いします。
Posted by スイマー at 2007年05月16日 17:27
JHスイミングとはまったく違います。
ただひたすら同じスピードでゆっくり引くだけで、ワームはまったくのノーアクションです。
ロッドはこの時はエッジプライドのEPGS661で(EPGS662を使いたかったのですが持っていくのを忘れたので・・)ラインは東レのフロロ・スーパーハード6ポンドで釣りましたが、フィールドや使用するポイントで細くても良いと思います。
この日は、当初カバーへのノーシンカースキッピングを想定して6ポンドを巻いて行きました。
基本的に中層ですが、一言に中層と言いましても水深がある程度ある場所ですと、水面付近の中層なのか、もしくはボトム付近の中層なのかいろいろあると思いますが、バスのポジション(浮いていれば・・)の少し上を通すようなイメージで引いて頂ければいいと思います。
※厳密に言えば魚のコンディション・水質・天候・気圧など、他の要素でも変わると思いますのでいろいろと試してみて下さいね!
注:あくまでも私の使い方やイメージですのでよろしくお願いします。
Posted by テスター古川 at 2007年05月16日 18:58
ご回答ありがとうございます。

スピニングだったのですね。

写真のラインの太さからして、ベイトリールかと思っていました。

明日、釣行しますので、いろいろ試してみます。
Posted by スイマー at 2007年05月18日 12:01
がんばって下さいね!
Posted by テスター古川 at 2007年05月18日 12:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4011301
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック