,琵琶湖長浜など湖東エリアや入鹿池での釣果をメインに、日々の出来事などを交えてご紹介します。" />

2010年05月04日

何もなし・・たらーっ(汗)


今日は、長浜か入鹿池か凄く悩みましたが、イマイチ喉と鼻の調子が良くならない事と、帰りに渋滞すると嫌なので、やっぱり入鹿池に行く事にしました。




100504_095540.jpg


今日はサンサンと太陽が降り注ぎ、とっても良い天気晴れ



しかし、こんな行楽日和は決まって厳しいんですよねぇバッド(下向き矢印)





準備を終え10時頃にスタートexclamation



最近暖かい日が続いていた為、水温は17〜19℃台まで上昇しました。





数日前に大潮が終わり、結構な数のバス達がスポーニングに入っていると思われますので、かなり確立的には低くなってしまいますが、今回はアフターと大潮のタイミングから遅れて入って来る数少ないプリスポーンの個体を狙ってみることにしました。




この釣り方では、今の入鹿池の状況ではかなり厳しい釣りになる事は、容易に想像出来てはいましたが、あえて狙ってみることに・・





重視したエリアはナカヤ荘の入り口〜赤壁までのエリアで、岬絡みや、ワンド〜ワンド間のストレッチの1.5〜4m辺りのレンジを重点的に探ってみました。






このエリアもそうですが、今現在はワンド奥などの他にもメインレイクに面したエリアなど、池のほぼ全域でスポーニングが行われている状態です。




ネストのバスや、見えるか見えないかレンジをピューッと素早く泳いでいくバス(多分アフターだけどこういったタイプのは釣れない・・たらーっ(汗))の姿は何度も見ましたが、肝心の狙ったタイプのバスからは何の音沙汰もなし・・ふらふら




結局何の反応もなくタイムアップで終了でしたバッド(下向き矢印)



もう一潮くらい回って日にちが経てば、アフターバスの数も現在よりは増えているはずなので、その頃を期待したいと思います・・。

posted by I Love 入鹿 at 23:15| Comment(0) | 入鹿池
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]