2009年11月21日

RAMの改造・・

魚探を使っている方はご存知だと思いますが、フレキシブルに可動するRAM架台がありますよねexclamation



このRAM架台にも、いろいろなタイプのものがあり、先日パイプに固定するタイプのものを購入しようと思ったのですが、ちょっと高かったので買うのも馬鹿馬鹿しくなり、手持ちのものを自分で改造して使ってみることにしました。






DVC00182.jpg


魚探側に取り付ける方の、長い架台の穴にギリギリはまりそうではまらないUボルトを見付けましたので、今回は長い架台をカットして使う事にしました。





DVC00194.jpg


Uボルトは錆びないのでステンレスのものを使いたかったのですが、スチール製のものと微妙にサイズが違う為、今回はステンレス製のものは使用出来ませんでした・・。






DVC00195.jpg


この位置にUボルトを取り付けますが、穴よりUボルトの方が若干太いのと、穴〜穴の間隔が若干Uボルトの間隔より狭いので、オーバーサイズの穴に開けけ直す事で、Uボルトがはまる寸法です。






DVC00196.jpg


ドリルを使って穴を拡大中・・







DVC00199.jpg


これでUボルトが通りましたひらめき







DVC00027.jpg


架台を鉄ノコやグラインダーなどを使って、丸くカットし・・








DVC00029.jpg


色を塗りましたるんるん






DVC00032.jpg


・・で、Uボルトは腐食防止と色合わせの為、収縮チューブを巻いてみました。






DVC00034.jpg


こんな感じになりました。








DVC00030.jpg


サウザーデッキの持ち手の部分に取り付けて使ってみようと思い作ってみた訳です。





DVC00031.jpg


上から見るとこんな感じです目




しかし一番問題なのは、肝心の魚探が入手出来ません・・たらーっ(汗)




いろいろと当たりましたが、取り付けたい魚探である、HE−6500が見付かりません・・





しばらく寂しく架台だけが付いている状態になりそうですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
posted by I Love 入鹿 at 00:44| Comment(0) | タックル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]