2008年12月08日

ニューパターンで・・

今日は入鹿池に行ってきましたるんるん


気合いを入れて朝一から釣ろうと思い、寝坊しないように携帯電話で4時半頃から時間差で次々とアラームが鳴るようにセットしておきました。



・・が、朝目が覚めると7時過ぎ・・たらーっ(汗)


最初のアラームが鳴った時点で、起きようと思い携帯を取りパジャマのポケットに入れた瞬間に、また寝てしまったようですバッド(下向き矢印)



連発していたアラームは、布団の中で鳴っていて聞こえなかったという訳・・・ふらふら



もうこうなったら慌てても仕方ないと、朝ご飯を作ってニュースを見ながら食べ、身支度を整え出発〜exclamation




12月8日


到着すると、前回来た時より14p程また水位が増えていました。



準備を整え、9時半頃にスタートexclamation



12月8日


気持ち良い天気ですね〜



スタート時水温は11.8℃・・


いよいよ12℃を切って来ました。


これから辛くなるんだろうなバッド(下向き矢印)


またターンが酷くなっており、泡ブク&粒子がいっぱい・・たらーっ(汗)



サトシン岬の上を通過するとベイトが結構イイ感じで入ってますひらめき


少しだけ探って、入鹿荘沖の地形変化に入りますが、全くベイトが絡まずパス・・



12月8日


灯台前に入るとイイ感じでベイトは入ってますが、風も全くなく釣れるタイミングではない模様・・


一応探りを入れますが、やっぱり釣れません・・



五条方面に向かいますが、I.S.B.A.メンバー西川氏が攻めているのが見えたので、道路跡に入ります・・。


風もなく、恐らくベイトはいないだろうと予想してましたが、やっぱり何もない・・



今井方面に移動ダッシュ(走り出すさま)



12月8日


ベタ凪です。。。風吹いてこないかなバッド(下向き矢印)



今井エリアに進入していくと、まあまあベイトは居る感じ・・


そう思っていると、急に南から風が入って来たひらめき


チャンスexclamation&question


狙っていた灯台で釣れそうな風向きか確かめる為に、今井エリアから脱出しますが、イマイチ良い方向の風ではありません・・


諦めて今井奥を目指します・・


今井最奥の水温は11.3℃


反応なし・・


3時頃になり曇ってきましたが、異常なし・・たらーっ(汗)


今井エリアから脱出して、再度道路跡次項有灯台次項有サトシン岬次項有六軒岩と入りましたが、一切ベイトがおらず終了ですもうやだ〜(悲しい顔)




チャンプ成瀬氏は途中からワカサギ釣りに転向し、50匹程キャッチexclamation

※バス釣って下さい・・



少し遅めに出発した、I.S.B.A.メンバー中村氏も異常なし・・



しかし・・


12月8日


I.S.B.A.メンバー西川氏が十三塚で、デッドリンガー4”のヘビキャロで48pをキャッチしてましたひらめき


やりますな〜




ニューパターンで・・というタイトルでしたので、新しいパターンを発見したかと思った方も居るかも知れませんが、ニューパターンで寝坊したってオチでしたあせあせ(飛び散る汗)


また、次回頑張りますexclamation
posted by I Love 入鹿 at 23:54| Comment(2) | 入鹿池
この記事へのコメント
寝坊、しますね〜自分もよく2度寝します。今季はそれで計5試合出場できませんでした・・・反省。魚探の映像、よだれと脳汁あふれそうなほどウマそう・・・でも絶対釣れるわけではないんですね、難しい・・・
9日に釣ったのはまたしてもIS200です。人気あるのかないのかよく知りませんが、僕のボックスからシャッドラップを追い出した名作中の名作。
古川さん、冬の入鹿は琵琶湖でいつもデカイの連発してるような釣りしたほうがいいのでは?? 僕はようできませんので、うらやましいです。もちろん、発言に責任は持てませんが。そこは入鹿ってことで^^;;
Posted by 使者 at 2008年12月09日 23:13
使者さん、こんばんは。

そうなんですよ・・画像良くても釣れません・・

ひたすら待ちも必要でしょうが、灯台前で待ちは精神的に非常〜に辛い・・

僕も前日、今井筋でIS−200投げてましたが釣れませんでした・・。


チョット巻くのが早すぎたかな?と後で反省しました。

もっと寒くなったら、またビッグベイトも試してみたいとは思ってましたが、レンジが合うかどうか?が少し疑問???

次回は何とか釣りたいですね〜

Posted by テスター古川 at 2008年12月10日 03:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]