2008年09月27日

味醂と調理酒

9月27日


下呂の帰りに、前から買おうと思っていた味醂(みりん)と調理酒を買う為、加茂郡川辺町の国道41号線沿いにあります、鈴木酒店(通称 小田巻屋)に立ち寄りました。



9月27日


とりあえず小田巻を1個購入し、味を確かめる為?一口だけパクリ揺れるハート




9月27日


欲しかったブツは、同じく加茂郡川辺町の白扇酒造で作られている味醂と調理酒で、普通にスーパーなどに売ってある味醂などとは比較にならない値段ですが、料亭などでも使用されている確かなものなんです。


味醂を試飲させて頂けましたが(通常味醂は飲まないと思いますが)これが美味いひらめき


梅酒や杏露酒をロックで飲んでいるような、自然で芳醇な甘さと香りが口に広がりますぴかぴか(新しい)


『美味いねこれがく〜(落胆した顔) ヤバイ・・』


こんなのキッチンに置いてあったら、キッチンドランカーになってしまいますよ・・あせあせ(飛び散る汗)


よくある安い味醂は、醸造用アルコールや糖類などを添加し、量を増したり、生産率を上げたりした言わば偽物ですが(酷い物は味醂風なんて物もありますね・・)この味醂は熟成する為に三年の月日を費やし、一切の混ぜ物もない本物の味醂です。



『これで作ったら絶対美味いに違いないねexclamation×2


・・と嫁にプレッシャーを掛けておきましたわーい(嬉しい顔)


とりあえず、現在使ってる味醂が終わったら使ってみます。


早く使うのが楽しみですね黒ハート


さらに10年熟成させ、琥珀色をした古々美醂(ここみりん)というものもありますが、500mlで2,000円とちょっと手が出ませんでした・・。






posted by I Love 入鹿 at 23:40| Comment(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]