2016年10月24日

マイコプラズマ肺炎




先週から、小児科を受診しても、熱が引かなくてなかなか治らなかった息子ですが、本日県立多治見病院を受診したところ、マイコプラズマ肺炎という検査結果が出て入院することになりましたふらふらたらーっ(汗)







先週に、愛知県コロニーで小児神経を受診した際、家内がマイコプラズマを心配していたので、マイコプラズマにも効果のある、クラリスという抗生物質を処方して飲んでいたのですが、マイコプラズマも段々と耐性を持って来ているようで、効果もなく段々と悪化してしまいました。






土曜日にも近所の掛かりつけの小児科を受診したのですが、マイコプラズマとの診断はされず、気管支を拡張するテープと抗生物質を処方され、悪化したら県立多治見病院を受診して下さいと言われました。





マイコプラズマの検査で、即日結果が出る簡易検査では、結果があまりあてにならないようですが、本日簡易検査をして頂き、マイコプラズマ肺炎ということが確定となりました。






どうやら、検査結果にマイコプラズマが出た時は、ほぼ確定らしいのですが、出なかった場合が問題で、出なかった場合でも感染している場合があるらしいです。




コロニーで処方されていた薬が効かないため、新たな薬を使うことになり、ミノマイシンという抗生物質が一番効果が高いようでしたが、永久歯がまた作られていない子供の場合、副作用で永久歯が黄色くなって一生消えなくなってしまう事があるようなので、同じ系統の副作用も少ない、ビブラマイシンという抗生物質を使うことにし、もしコレが効かなかった場合にニノマイシンを使うことにしました。





入院期間は一週間前後になりそうです。






現在、マイコプラズマ肺炎がかなり流行しているようですので、皆様も体調管理には十分お気を付け下さいm(_ _)m














posted by I Love 入鹿 at 16:37| Comment(0) | 子育て日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]