2016年09月09日

更に減水・・





9月9日




9月9日



今日も、更に減水が続く入鹿池へ行って来ましたるんるん











9月9日





9月9日





既にこの水位は未体験ゾーンに突入しており、これ以上減水が続くとどうなってしまうのでしょうか??








水温は、朝27.2℃〜マックス28 ℃








水位は、満水から約8.5mの減水状態で、前回来た時より、更に1.5m程減水し、稲荷沖水中島のハンプトップまで30p程、稲荷裏道路跡のトップまで2メートル程となっていました。







前回釣った、稲荷裏道路跡周辺のベイトフィッシュが水位の低下により抜けてしまい、反応がなくなってしまい、タク岬沖もレンジが合わなくなって激浅・・。







他もいまいちパッとするところがなく、お昼過ぎに・・









ヤバいなあせあせ(飛び散る汗)











午前中もチェックは入れ反応はありませんでしたが、前回の釣行時に目を付けていた灯台沖のベイトフィッシュが濃いエリアが、前回よりも更に濃くなっており、他のエリアのチェックを入れ反応がなかったこともあり『やはりバスがいるならココだよね』と自分の中でかなり絞れて来たexclamation








『ここいるのかな??』 から 『絶対ココにいる!』 と確信できたことにより、ただフラットでなにもないエリアでも集中してキャストを続けることができました。














9月9日





今回気が付いたのは、ベイトフィッシュの濃さに、ある傾向があり、灯台沖フラットの今井川方面からタク岬沖に繋がる旧チャンネルライン?より今井川方面の向かうと水深が若干浅くなり、そこより中央筏よりの水深4.2m〜中央筏までの水深4.8mまでのラインにベイトが多く、灯台岬の先端から南寄りに向かい水深が5mを超えると急激にベイトが薄くなっていました。
















9月9日










9月9日









9月9日




結果、50pを2本と、50.5pをクランクのマッハ引きでキャッチるんるん






他にも、7回くらいバイトがありましたが、なかなかノラず・・。






マッチしたロッドを持って来ていれば、もう少しは獲れたはずなので、ちょっと悔しい結果でしたが、今までにない展開でキャッチできたバスだったので、かなり勉強になった1日でしたひらめき







posted by I Love 入鹿 at 22:53| Comment(0) | 入鹿池
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]