2016年05月07日

即席ドアロック作成





一つ前の記事で書きましたが、私の釣り部屋の入り口ドアにロックを取り付けましたひらめき










5月7日




このドアなのですが、最近娘がドアを開け閉めできるようになってしまい、先日気付いたら娘がルアーをリビングに持って来ていて(スイングインパクトの新品のパッケージなので大丈夫なのですが)ビックリしましたがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)








建築途中のドアが付く少し前に 『ハッがく〜(落胆した顔)ひらめき』 っと気が付き、鍵があるかどうか確認したら鍵なしとのことで、もう手遅れとのことでした・・たらーっ(汗)








なので、いつかこんな日が来ると思ってましたが、意外と早く来てしまいました・・たらーっ(汗)








先日ドアノブの下に突っ張り棒を突っ張らせてみたのですが、余計に不審がって突っ張り棒を外し中に入ってしまったようで逆効果でした・・。








仕方なく、ドアの向こう側のドアノブの下に、突っ張り棒を突っ張らせてロックしましたが、そうするとこの部屋に入るのに、一度外に出て、釣り部屋の外の出口の鍵を開けて入らなくてはいけなくなりました・・ふらふら








釣り部屋には、いろいろと工具が置いてあったりするので、何か使おうとする度に、外から鍵を開けて入らなくてはいけません・・。









ドアノブを交換したりするのも大変な作業ですし、お金も掛かるし、ドアノブの鍵だと逆に娘が開けてしまう恐れもあるし、鍵を挿して開け閉めするようなノブに変えても、わざわざ鍵を挿して開け閉めするのも大変なので、棒が出て来てロックするタイプの金具をドアの枠に取り付けることにしました。


















5月7日




ドアの枠にビスを打ちたくないですし、枠に取り付けようにも、枠の幅も狭いので、4本中の2本のビスしか打てないので、化粧板に金具をビス留めし、その化粧板を両面テープでドアの枠に取り付けました。














5月7日



ドアとドアの枠の面には段差があるので、スペーサーを入れて段差を解消しました。














5月7日



ドアをオープンするとこうなります。








化粧板にすごく細かな凸凹があり、両面テープの粘着力がしっかりと発揮されていなかったので、両面テープと化粧板を瞬間接着剤で接着しようと試みましたが上手くいかず・・。。








結局、化粧板の表面をサンドペーパーで磨き、表面を滑らかにしたら、両面テープがしっかりひっ付き、実用レベルとなりました。








と言っても、所詮両面テープなので、大人が本気で開ければ開くと思いますが、娘が開けれなければOKなのです。







これで、不便な状態から解放されましたるんるん




posted by I Love 入鹿 at 22:00| Comment(0) | マイホーム計画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]