2015年10月09日

遂に・・



H27年10月9日



H27年10月9日


今日も入鹿池でするんるん






本当は、前回エンジンの故障で不完全燃焼となってしまった長浜に行きたかったのですが、夕方耳鼻科に行かなければならないため、入鹿池で我慢・・。



あまりに厳しいので、本当は来たくなかったのですが・・。






でも、前回少しつかんだパターンで、朝から攻めて行けば3本くらいは良いの獲れるだろうから、まあいいか・・と思ってましたが・・・





そこは入鹿池、、甘〜く考えていたことを後で思い知らされることに。。。





水位はマイナス3m




前回より少しだけ下がった??



取水は止まったはずなんですが・・???







水温は20.8℃〜MAX21.5℃




また少し下がりましたね。。。



水質も相変わらず悪いですわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)









H27年10月9日


準備を終えて、いざ出陣exclamationexclamation








朝から、前回のパターンを織り交ぜながら、他のことも試して行きますが、全く反応なし・・・






前回、かなり魚探画像にバスが映っていた(映っても釣れませんが・・)赤壁に、少し期待し入ってみますが・・・





全然おらんやんったらーっ(汗)





時間差で数回入りましたが、前回とは全く違った様子・・・






この時点で、少し期待嫌〜な予感が・・・








前回少しつかんだパターンは、ヘビキャロをここぞというところで放置 → ズル引き → 放置 これの繰り返しなのですが、これが実にしんどいわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)






現在は、かなりターンが進行し、レンジによる水温差もほとんど無くなって来ているので、バスはどこのレンジでもいる状態だと思われます。



ある程度水の流れがあったり、少しでも水が良いエリアの一等地には、間違いなくバスはいますexclamation



※泳いじゃってる魚がほとんどなので、タイミングもありますが・・。





なので、自分の気持ちの中で『この一等地に100%バスはいる』と決めつけた状態でヘビキャロを通し、一回のズル引きにつき、最低1分くらいは放置してます。





なので、ワンキャストに掛かる時間がかなり長くしんどくなるので、確信を持ってやり切らないと自分が精神的にやられますわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)





で、前回からの傾向としては、全くバイトが出なく、ロング放置しズル引いた時には既に喰っていますが、タチの悪いことに、ワームの端っこを咥えているだけで、咥えていることをこちらが察知した瞬間に放してしまいますバッド(下向き矢印)ふらふら





バイトが出ないのは、ワームを吸い込んでハグハグしなく、口先でハムッと咥えているだけだからだと思います。






なので、ズル引きを始める時も、喰っている前提で、そっと聞きながら動かしているので、まあ面倒くさい釣りですね。。








で、結局今日1日こんな感じで釣りして、唯一喰ったのが、良いとこ入ったと思った時に、より長く放置させるために、野菜ジュースを飲んで待とうと思い、ロッドを置いて野菜ジュースをガサゴソと探してたところ、急にラインが走り置いてあったロッドが90度方向転換がく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)





慌ててロッドを持ちフッキングしようと思いますが、時すでに遅し・・・




さすがに、只でさえ厳しい時なので、ロッドをそれだけ引っ張ったら違和感を感じて放しちゃいますね・・たらーっ(汗)











そんな訳で、厳しいながらも毎回紙一重でバスをキャッチできていましたが、遂にホゲッてしまいましたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)もうやだ〜(悲しい顔)








さすがは入鹿池、そうこなくっちゃね。。。





この難しさが入鹿池の醍醐味なので、凹みながらもまた行っちゃうんだよな〜・・。






でも、もうそろそろ楽に釣らせて欲しいんですが、、、今年の秋は相当難易度が高くなりそうですね・・たらーっ(汗)



posted by I Love 入鹿 at 22:44| Comment(0) | 入鹿池
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]