2008年06月26日

入鹿用タックルのメンテ

今日は入鹿池用に使っているタックルのメンテナンスをしました。


フットコンエレキに付けてある、ステンレスの振動子ボックス(HE−5700用 旧並木モデル)が変形してきたので、プラスチック製の物に交換しました。



振動子


これがHE−5700用のオプション品で購入したステンレス製振動子ボックス



振動子


長年使ってると、エレキのヘッド部分に当たる部分が段々と開いて来ます・・


ステンレスが薄っぺらいので変形し易いんですねバッド(下向き矢印)


※現行並木モデルのTN−5700C用(振動子を3個取り付ける用のもの)は改良されて、かなり頑丈な感じになっています。


※バスボートのフロント魚探用にTN−5700C用のボックスを使ってます。

使っている魚探は、HE−5700ですけが、107Khz 200Khz 400Khzの3個の振動子を使ってますので・・



振動子


純正のプラスチック製の振動子ボックスを2個接着して使用しました。


向きは、互い違いになりますが、振動子ボックスの背中側(斜めになっている部分の反対側)の出っ張っている部分を削り落とし、平らにして瞬間接着剤で接着すれば出来上がりです。


強度はかなりありますので安心して使用できます。

※以前実際に使用してました。



振動子


下から見るとこんな感じ・・



振動子


振動子をボックスにセットし、あとは普通にエレキに取り付ければOKでするんるん
posted by I Love 入鹿 at 23:45| Comment(0) | タックル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]