2008年05月10日

古川システム

今日は、以前から何度もご紹介しています、バックスホッグ+ロックジグスピンのリアクションネコセッティング(古川システム)のセッティング方法をご紹介したいと思います。



一つお断りしておく事がありますが、私はほとんど釣り雑誌を買うことも、スカパーの釣りビジョンなどといったテレビを見ることも、いろいろなプロのブログを見ることもほとんどありません。



ですので、このリギング方法につきまして、もし先にやっている方がいましてもパクッた訳ではありませんので、くれぐれも誤解のないようにお願いしますわーい(嬉しい顔)





まず、準備して頂く物は・・



バックスホッグ


バックスホッグ



リアクションネコ


ロックジグスピン


ロックジグスピンは、最初2gでやっていましたが、最近は3gでやっています。


3gでやっている訳はまた後ほど説明しますね!



パンドー


パンドー


フロッグチューンなどに使用する接着剤です。


リグのズレやワームの破損を防止する為に使用しますが、これがあるとないのでは雲泥の差ですので是非使用して下さいexclamation




タングステン製のネイルシンカー


ネイルシンカーのウェイトは1/16oz以上がいいです。


軽いとルアーを跳ねさせた時に軌道変化するリアクションアクションが出し難くなります。


私は1/16ozでやっていますが、それ以上のウェイトのネイルシンカーを先日購入し、時間が空いた時にテストしようと思っています。


狙うレンジが浅い場合、あまり重くし過ぎても、このリグの良さ(根掛かりの少なさや、軽量リグな為ライトタックルで操作できところ)を生かせないと思いますので、ディープ攻略などにウェイトを重くすると効果的かも知れませんね・・。







さて、では実際にリギングしてみましょうexclamation



リアクションネコ


リアクションネコ


上の2枚の写真のように、バックスホッグにはボディーが丸い面とフラットな面がありますが、古川システムではフラット面が上(フックを刺す面)になるようにリギングします。


フラット面にリギングすることにより、フラット面で水を受けることにより、よりキレのあるリアクションアクションを出すことが出来ます。



リアクションネコ


ハサミの先端で示している辺り(お尻からリブ2つ目半、若しくは3つ目と4つ目のリブの中間付近)から頭方向に向け、ロックジグスピンを刺していきますが、実際に刺す前に少し下ごしらえをしておきます。



バックスホッグ


ロックジグスピンを刺す位置から頭方向にかけ1.5p位の幅でパンドーを塗っておきます。

※ワームの表面に付いている油分を拭いておくと良いです。


必ずリギング前に塗って乾燥させておいて下さいひらめき


リギング後、若しくは塗って直ぐにリギングするとパンドーでワームが少し溶け裂けて来ます。


ロックジグスピンのマイナーチェンジ前のキーパーが付いていないものはリギング後に塗っても大丈夫です。




リアクションネコ


ハサミで示しているバックスホッグのハサミの付け根付近にロックジグスピンのフックを抜くようにします。




リアクションネコ


こんな感じで、お尻部分が曲がったようになるようにリギングします。


チビアダーのあばら掛けというのがありましたが、それと同じ要領です。

※この部分はパクリと言えばパクリですが・・
 あばら掛けはどちらかと言うと、チューブのバシバシシェイクに近いもので すので、今回の古川システムとは趣旨が違います。


コツは針を刺す時は深く刺し、頭の方に行くにつれ徐々に浅くする事です。


こうすることで、お尻部分がより曲がりフックのゲイブ幅をなるべく広く出来ます。


先程書きましたロックジグスピンの3gを使用する訳とは、3gの方がヘッド部分が大きいので、よりお尻部分を曲げることが出来るからなんです。



リアクションネコ


フックを頭側に抜いたらパンドーでフックと周辺のワーム部分を接着して固定します。



バックスホッグ


接着後はこんな感じで乾燥させると、ラバーがくっつかないので良いですよひらめき



リアクションネコ


完成するとこんな感じになります。



リアクションネコ


横から見るとこんな感じです。


後は使用時にネイルシンカーをお尻に刺せばオッケーです。




リアクションネコ


いろんなカラーバリエーションを作って試してみて下さいexclamation×2



使い方の基本はズル引き&ステイで、石などに掛かったら、軽くロッドをアオリ、リアクション誘発アクションを発生させバイトに持ち込みます。


石などに掛からなくても、リアクション誘発アクションを発生する事は可能ですので、アピールさせたい時などにもロッドを煽っても良いと思います。


ロッドを少し大きめにアオリ、直ぐに連続で軽くロッドを振り続ければホンガリングのようなスイミングアクションも出すことが出来ます。


特に効果的と思われるのが、浅い場所でのザリガニ脱走アクションで、ロッドを下方にに構え、パンパンパン・・・と連続でアクションさせる事により、土煙を上げて逃げるザリガニを演出する事が出来ます。

土煙がバスの捕食スイッチを入れてくれ、特に浅い野池などで効果的と思われますので、一度お試し下さい。






posted by I Love 入鹿 at 23:45| Comment(3) | ルアー
この記事へのコメント
よかった…見よう見まねでセッティングしてたんで…

今日の朝ですけど、古川システムで46、48を捕りました。トレーラーはバックスホグで、1/16のネイルシンカーに5グラムジグ(自作)です。(イルカの今井奥ですわ。)

あかんですな…よけ釣れます。ここで公開したってことわ…使う人増えるかな…

あと、弟君に琵琶湖の79センチバスの写真見せてもらいました。あれはあれで…やばいですな。
Posted by ani at 2008年05月11日 07:42
これイイね、パクッてもいい?
もうパクリ古川なんて言いませんからw

負けずに入鹿、野尻用のオリジナルのスモラバ
作りますw


 
Posted by しのっち at 2008年05月11日 11:28
aniさん、こんばんは。

使ったらダメですって・・

そんなに釣ったらいかんですよ!

って言うか、釣りし過ぎですよ!

やはりまだ誰もやっていないリグなので、釣れるんでしょうかね〜・・

入鹿池のスワンプのように、永遠に釣れる定番セッティングになったら嬉しいですね!



しのっちさん、こんばんは。

どうぞ×2パクッて下さい。

でも、しのっちさんが会った時に使ってたら・・

『え!もしかして僕のパクりですか・・?』

・・て言いますから・・(^0^)


でも、ホントに釣れるからお試し下さいな!
Posted by テスター古川 at 2008年05月12日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]