2008年04月04日

ジャークベイト

陸っぱり


昨日、入鹿池の帰りにサトシンさんのお店セントラルへ行ってきましたるんるん




陸っぱり


ご存じサトシンさんです。


サトシンさんも元I.S.B.A.メンバーなんですよexclamation




昨日はジャークベイトについて色々と話を伺って来ました。


昨今のジャークベイトブームにより、すごく沢山の種類のジャークベイト(ミノー)が市場に出回っているのですが、果たしてどれだけの方が明確な基準を持って、それらを使い分けているのでしょうか・・?


一番分かり易い使い分けでは、ルアーの潜行深度やサスペンドなのかフローティングモデルなのか?又はラトル入り?若しくはノンラトルなのか?という所でしょうか?


正直まだ私も勉強中なのでお答えはできませんが、上記した以外の動きや水押しなどの違いによって使い分けられるようになりたいと思います。




今日はちょっと気になっていたものを買ってきました。



DVC00080.jpg


SK−ジャークの80と100、スレンダーポインターの97MR、G・D・SミニのDRモデルを購入して帰りました。


色々なジャークベイトを使い込んで、より効果的な使い分けを見付けたいと思いますexclamation
posted by I Love 入鹿 at 00:00| Comment(0) | ルアー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]