,琵琶湖長浜など湖東エリアや入鹿池での釣果をメインに、日々の出来事などを交えてご紹介します。" />

2008年03月21日

防水仕様雨

今日は耳鼻科に行って来ました。


花粉症シーズン真っ只中と言うことで、結構混み合っていましたふらふら



防水仕様


耳鼻科の帰りにルアーショップアンドウさんへちょっと寄り、以前から買おうと思っていた、バーサスのタックルボックス(VS−3080)の強化バージョンのフタを購入しましたるんるん



防水仕様


他にも気になっていたカルティバのジグヘッド、スイングヘッドなどもお試しで購入しましたexclamation



防水仕様


帰りの途中、ホームセンターに寄りシリコン製のチューブを購入しました。



防水仕様


こんな感じのものですが、これを使いバーサスのタックルボックス、VS−3080のフタに取り付けパッキンの役割をするようにしてみますひらめき


VS−3080はとても使い易く、人気があるタックルボックスだと思いますが、雨天時の釣行後はかなりボックス内に水が進入するので困っていました。


ボックスを横に寝かせていればまだ浸水は少ないのかも知れませんが、バスボートに積載時は立てた状態で載せますので、かなり浸水が激しいです。

※メーカーさんがパッキンのセットを作って売り出してくれれば、一番良いのですが・・

防水仕様


VS−3070も構造的には同じようになっていますので、こいつにも入れてみます。



防水仕様


VS−3080は琵琶湖用・入鹿池用・野尻湖用と計3セットあり沢山シリコンチューブを使いそうでしたので、12m購入しました。



防水仕様


フタの端の溝になっている部分にシリコンチューブを入れていきます。



防水仕様


こんな感じで一周チューブを入れていきます・・。



防水仕様


少し幅が広くなっているこの部分は・・・



防水仕様


2本重ねて入れてみました。



ボックスは2段式になっていますので、フタだけでなく下段の部分にもシリコンチューブを入れれば完成〜ぴかぴか(新しい)


・・となるはずでしたが・・


フタを閉めるのがかなり固いです・・たらーっ(汗)


どうもチューブが隙間を無くし過ぎているようですあせあせ(飛び散る汗)


チューブになっているので、ギュッと閉めた時に潰れて大丈夫な予定でしたが、さすがにフタに一周入れてあるので、ちょっと無理をしているようですふらふら


留め具をパチンと閉めればフタは閉まるのですが、両端が少し浮き気味な状態になってしまいます。


一応これでも十分に使えると思いますが、チューブを半分に切って山になる方を上にして入れたらフタも閉まり易くなりました。


ボックスの両側面に設けてある通気用の穴があるのですが、ここからも水が進入するので内側からテープを貼り穴を塞いでみました。


まだ実際の防水性能はどの位なものか分かりませんが、雨天に釣行する事がありましたら、またご報告させて頂きますねexclamation







posted by I Love 入鹿 at 00:00| Comment(0) | タックル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]