2008年02月15日

リアクションラバージグ

今日は耳鼻科に行ってきました。


いつもとっても待ち時間が長いので、今日はとりあえず予約に行き、待ち時間の間に少し入鹿池で陸っぱりをしようと思い準備をしました。


それ程釣りをする時間もありませんので、ラバージグ一本勝負で挑むことに・・・。



今回は、よりリアクションを意識したラバージグの釣りをしようと思い1/2ozのフットボールジグにバックスホッグをトレーラーにチョイスしました。



ジグ+バックスホッグ


まず、バックスホッグをセッティングした際にマッチングするように、ジグのラバーを少し短くカットします。


ラバーをカットすることにより水の抵抗が減り、フォールスピードも若干アップします。



ジグ+バックスホッグ


これはカット前のもの・・



ジグ+バックスホッグ


この位の長さにカットします。



そして・・・



ジグ+バックスホッグ


バックスホッグを縫い刺しにします。


これ位が見た目も丁度バランスが良いですね!


ラバーをカットしない場合は、チョン掛けする方がバランスが良いと思います。



バックスホッグの表・裏の向きは試してみて気に入る方を見つけて下さい。





何故、今回はバックスホッグをトレーラーにチョイスしたのか・・?


その理由は、コンパクトなシルエットで、余分なパーツが付いてないからです。


それによりフォール時によりストンッっと落ち、よりリアクションを誘発してくれますひらめき



他にはチューブワームのG4やロボチュー02、アピールさせながらフォールさせたい場合はロッククローなどを良く使用します。



ミドルレンジは基本的に1/2ozで片手でパパンッ、パパンッとロッドワークで跳ねさせては落とすという感じのアクションで使用しています。


バスが少し浮いているかな?・・と思う時や、ハードボトムをズル引きし根掛かりしそうな感触の時にロッドワークで外しリアクションを誘発させる場合には3/8ozを使用します。


より低弾道でドンドンッっとボトムを叩きたい場合は5/8ozなど重量のあるジグを使用します。

※イメージ的にはザリガニのエスケープアクションのような感じ・・



肝心の釣りの方はと言うと・・・


耳鼻科に到着し、予約しようとしたところ・・


『今、丁度予約の方が来ていないので、今診て頂ければ3番目位にお呼び出来ますけど・・』


・・と言われたので・・


『あ、じゃあお願いします。』


・・と診察をお願いし、薬をもらって帰る頃には釣りする時間が無くなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)


結局ジグ使えませんでした・・たらーっ(汗)
posted by I Love 入鹿 at 23:55| Comment(0) | ルアー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]