2014年12月22日

ルンバ君コードの修理





今日は、ルンバ君の電源コードの修理をしましたexclamation







image/2014-12-22T02_06_53-5.jpeg


我が家のルンバ君の電源コードですが、度重なる使用により写真の細い配線がゴツゴツしたパーツの部分で何度も折れ曲がるため断線してしまいましたふらふら











このまま使用するのも危険なので、新品を購入しようとお値段を確認すると、こんな下らない部品が8千円くらいするとのこと・・・







あまりに馬鹿らしいので、自分で修理することにしましたわーい(嬉しい顔)












image/2014-12-22T02_06_53-3.jpeg


まずは、基盤が入っている楕円形のボックスのネジを外し、基盤を取り出します。


※ネジは丸いゴムパーツの下に隠れていますので、ゴムパーツを取り外します。






断線しているコードの先がハンダ付けしてあるところを、ハンダゴテで溶かして外します。













image/2014-12-22T02_06_53-4.jpeg


ゴツゴツしたパーツを横からカッターで、配線の入っている中心まで切り開き、配線を抜きます。











image/2014-12-22T02_06_53-2.jpeg


断線した部分までカットし、再度ゴツゴツしたパーツの中に配線を通し、元の基盤の場所に配線の先をハンダ付けします。



※あまり長時間熱を掛け続けると、基盤の部品が故障してしまう恐れがあるので、サッとハンダ付けした方が良いと思います。










楕円形のボックスを元に戻し、切り開いたゴツゴツの部品の部分を自己融着テープなどで巻いておけば安心でするんるん







心配な方は新品を購入した方が良いと思いますが、修理で十分かと思います。













posted by I Love 入鹿 at 23:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]