2014年07月04日

型取り



今日は、息子の整形外科の診察に愛知県コロニーへ車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)










現在お願いしている訪問リハビリを行ってもらうには、整形外科の先生の指示書が必要になります。








3ヶ月毎に指示書を書いてもらわなければならないので、必然的に3ヶ月に一回は整形外科で診察を受けなければなりません・・。













以前からリハビリの先生に、息子が随分成長したため、短下肢装具が合わなくなって来ているとの指摘を頂いていたので、今回新たに作って頂くように依頼しました。








診察後、早速ギプス室で息子の足の型取り開始exclamation×2











まずはラップで息子の足をグルグル巻きにし、要所をペンで記しします。









石膏の付いた包帯を水に浸し、それをラップの上からグルグル巻いて行きますが、ラップと石膏の包帯の間には、カットする時のガイドとなる紐 が 縦に入れられています。












石膏の包帯を巻き終えると、綺麗にならししばらく足を動かないように押さえてるとアッと言う間に固まります。









メッチャ早いっがく〜(落胆した顔)


















足のスネ側からカットし、足を引き抜いてとりあえず今回はこれで終了グッド(上向き矢印)












そして、装具本体とクッション材のカラー決め・・・







装具は、基本目立つ色は敬遠されますが、今回はポップなカラーリングにしてやりました( ̄+ー ̄)









次回の予約までに、松本義肢さんがベルト取り付け前の状態まで作って来てくれるので、次回は仮合わせを行い、先生にチェックしてもらい、細かな修正を行います。









次回はベルトのカラーリングを決めなければいけないですが、何色にしようかな〜??






posted by I Love 入鹿 at 23:42| Comment(0) | 子育て日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]