2016年04月12日

入院




H28年4月12日




今日から、愛知県コロニーでの入院生活がスタート・・








遂に、この日がやって来てしまいました。







まだまだ先だと思ってましたが、アッと言う間に月日は流れるものですね・・ふらふらたらーっ(汗)








今回は、息子の右股関節亜脱臼の手術で、約3ヶ月の入院となります。






下の娘もまだ小さく、子供は病棟に入れないので、家内が娘を連れて入院する事ができないため、付き添いする事ができず、私が付き添いする事になりました。













午後2時に病院入りし、入院受付を済ませ病棟へ・・







H28年4月12日



H28年4月12日



H28年4月12日



H28年4月12日






前回は、ボトックス治療での2泊3日の入院でしたが、それでも2度と来たくないと思った病室・・。。








入った瞬間に、50年くらい前から、時間に取り残されてしまったような印象を受ける病室です。







廃校になった学校の理科室に、忍び込んだかのような錯覚すら覚えます・・。







個室ですが、テレビなし!





冷蔵庫なしっ!!




収納なし!!!





トイレなし!!!!




病院自体にコインランドリーもないし・・。




静岡てんかんセンターの個室の半分もないくらいの部屋の大きさで、非常に狭いです。





5階ですが、部屋での食事は禁止されており、食事をするには、2階の部屋まで降りて行かなければならず、付き添い食すら出ない、そんなアホな!!ってな感じの病院です・・。















そんな愛知県コロニーですが、現在新しい病棟の建設が進められており、既にリハビリ病棟は新病棟が完成しています。







しかし、受付や会計など、リハビリ以外の業務は旧病棟で行われており、リハビリ棟は離れた場所にあるため、リハビリを受けるために、大変な移動を強いられます。






雨降りの日には、更に大変な事になるのが容易に想像できますが、この病院は息子も含め、障害者の方が多く通院する病院なのに、何でこんな事になってしまうのでしょうか???






先生方の要求に対して、とにかくお金がないから・・と言う運営側との温度差がかなりありそうな感じではありますが、お金がなくても今時 PCなどのネットワークがあれば、受付業務くらいは何とでもなりそうな気はするので、せめて受付などの業務だけでも、リハビリ棟でもできるようにして欲しいですし、先生が迎えに来るまで、リハビリ病棟の部屋の中に入れないなんて、本当にあり得ないです・・。






なので、早く到着してしまった場合などは、リハビリの先生がまだ前の患者のリハビリを行っている場合には、先生が迎えに来れない=入れないと言うことになりますね・・。






利用する患者、入院する患者や付き添いの家族が、快適で健康的な生活を送る事ができる病院というものは、作れないものでしょうか・・??



















話は戻って、今回の手術について、執刀医である整形外科の先生から説明があり、切開する箇所をマジックで書いて説明してくれました。









H28年4月12日




右の大腿部が一番大きく切開されるのですが、ここから大腿骨をぶった切られ、角度を変えられて金具で固定されます。




大腿骨を切る時には、筋肉の緊張を緩めるため5ミリ程間引きされ、繋がれます。



※骨の長さが短くなるため、筋肉のが緩みます。









H28年4月12日





H28年4月12日





H28年4月12日





H28年4月12日






他の切開する部分は、ここから筋肉や、筋肉が骨に繋がる白くて丈夫な筋の部分などを、場所に応じて全部〜半分カットされ、筋肉の緊張を減らします。








H28年4月12日






とにかく大変な手術で、手術終了後は両足をギプス固定され、痛みも数日間は激しいようで、メンタル含めかなりのダメージを受けるようなので、術後が大変になりそうです。







posted by I Love 入鹿 at 21:00| Comment(0) | 子育て日記