2014年10月17日

嚥下画像確認



今日は、息子の愛知県コロニーの歯科の受診でした。






今回は、歯を診てもらう訳ではなく、以前に息子が連続で気管支喘息様の炎症になり、喉のゴロゴロが激しくなったため、食事の時の誤嚥に原因がないか?見てもらう予定になっていました。







普段食べているようなごはんを持ち込み、鼻からカメラを入れた状態で気管支をテレビ画面映し録画しながら、息子にごはんを食べさせ、誤嚥がないかを確認しました目







カメラを入れた時は、息子もかなり暴れてましたが、少し落ち着いたところでご飯を食べさせ始めてみたら、暴れず食べ始めてくれました。







今回は、STとOTの先生も一緒に画像を確認しました。





結果的には、先生が思っていたよりは上手に食べ物を飲み込んでくれていたようですが、食べ物の粘度や形状などによって、かなり飲み込みの具合に差が出ることが目で見て分かりましたひらめき






私的には誤嚥し難いと思っていた、まとまりの良い状態の食べ物も、粘度が強いと直ぐに飲み込まれずに、気管支の周辺に留まっていることがよく分かりました。





私達的にも凄く勉強になったので、今回は、かなり意義のある診察になりました。









posted by I Love 入鹿 at 22:55| Comment(0) | 子育て日記