2012年12月27日

釣りの後は・・



image/2012-12-27T23:02:25-13.jpeg


仕事の関係の集まりで、忘年会ビール









さすがに疲れたし、眠〜い眠い(睡眠)




posted by I Love 入鹿 at 23:22| Comment(0) | 日記

極寒の入鹿池





image/2012-12-27T23:02:25-5.jpeg


今日は、入鹿池に行って来ましたるんるん









image/2012-12-27T23:02:25-4.jpeg


今日は無事に早起き成功exclamation






今年一年の締めくくりとなる入鹿池釣行なので、何とかイイのを水揚げして気持ち良く終わりたいところ・・。







しかし・・・







前回の感じからして、バイト&バラシもあり、反応はあったものの正直かなり厳しい感触・・たらーっ(汗)






クリスマス寒波、そして本日の朝はかなり冷え込んでいる感じです・・。






我が家が寒いって事もありますが、タイマースタートしたリビングのファンヒーターが40分程作動した頃に、二度寝した私が起きてリビングに行きましたが、40分経過してもファンヒーターがほぼMAXに近い状態で頑張っていましたがく〜(落胆した顔)





どんだけ寒いのっあせあせ(飛び散る汗)








入鹿池の水温も、今年は、低下するのがかなり早く、昨年の同時期より4℃位水温が低い状態ですあせあせ(飛び散る汗)







入鹿池は厳冬期には、普通に3〜4℃まで下がるので、今季はこのペースで行くと1〜2℃くらいまで下がってしまうのではないかexclamation&questionって思ってしまいますわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)











image/2012-12-27T23:02:25-3.jpeg


水位は前回より約30p上昇し、満水より約3.25mの減水状態





早いところ、あと1mくらい増水してくれれば、もう少し安定感が出るんだけどなぁ〜・・。






現状使えるポイントが少な過ぎます・・ふらふら















image/2012-12-27T23:02:25-1.jpeg


今回は、ちょいとお試しである事を試してみました。









image/2012-12-27T23:02:25-2.jpeg


ボートの後部の穴に、蝶ナットを使ってステーを固定し、ゴム紐をピンッと張ってみましたひらめき











image/2012-12-27T23:02:25-6.jpeg


入鹿池のアラバマ使いの方なら分かると思いますが、アラバマ系のルアーをロッドの先端に垂らしたまま、高速走行するとアラバマが水を受けてクルクルと回るので、長距離移動した時なんかには、糸撚れでラインが大変な事になりますがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)







なので、普段船縁にロッドティップを垂らした状態より、上に持ち上がるようにすれば、アラバマがクルクル回らなくなり、移動時にわざわざ傘をたたんだり、ロッドを持ったまま移動しなくてもよくなります。






船縁にロッドティップも当たらなくなりますので、ロッドにも優しいですねるんるん













image/2012-12-27T23:02:25-12.jpeg


私の視線から見ると、こんな感じです目














今日は、とりあえず六軒撃ちからスタートexclamation





スタート時のメインレイクの水温は5.7℃(MAX6.6℃)







image/2012-12-27T23:02:25-7.jpeg


六軒で2〜3投しただけで、ガイドがバキバキに凍り始め・・









image/2012-12-27T23:02:25-8.jpeg


レベルワインドはかき氷屋さんにあせあせ(飛び散る汗)








まだ始まってばかりだったので、この程度ならまだマシな状態で、5〜6投くらいすると、レベルワンドの左右の隙間が氷で埋まってしまい、レベルワインドが左右に動けなくなるので、リールが巻けなくなりますがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)








ロッドのガイドは水中に着けたりして何とかなりますが、リールは水中に入れる訳に行きませんので、一生懸命フーフー息を吹きかけて何とか巻ける程度に溶かしながら釣りしましたが、それでもギヤが欠けたリールのような感じでゴリゴリ感たっぷりにしか巻けないので、巻きでコントロールするアラバマ系やジグヘッドスイムベイトの釣りでは全く釣りになりません・・たらーっ(汗)








今日は、今までいろいろな日に冬の入鹿池で釣りをした中で、1,2を争うくらい寒い日で、10時位になるまで、日向で釣りしてても、ガイドがバキバキに凍りましたふらふら













六軒 ⇒ 火の用心〜灯台下〜灯台裏 ⇒ カモウチワンド ⇒ 協会 ⇒ 羽黒岩盤 ⇒ 今井口岬 ⇒ 今井川筋と、いつもの感じで回って行きましたが、全然反応なしふらふらあせあせ(飛び散る汗)







雲一つないドピーカンな晴天と、かなり冷え込んだ事もあり、SPシャッドではちょっと厳しそうな感じ・・・。





ミドルのフラットエリアに魚見付ければ、落ちた魚にSPシャッドも使えるんだけどなぁ〜・・。









ひとしきり今井川中流を攻め、中流では水温5.6℃だったのが、中流から少しだけ上流部に上がるだけで水温が激変して5℃に変わったexclamation&question







たぶんこれより上流に上ると、確実に4℃前半位まで下がりそうなので、上るのはパスして、やはり気になる水温の変わり目より少し下った所にあるピンの岩をもう一度攻めてから移動する事に・・。








先程は、デビスイGHでピンの岩にカーブフォールで当ててアプローチしたので、今度はアラバマを通してみる・・。







5mラインにある岩のトップ、3mスレスレを狙って通し、『良い感じで通ってるわ〜るんるん』っと思いながら巻いていると、ドュンッどんっ(衝撃)っとバイトexclamation×2









良い感じでフッキングが決まったと思ったら、ドラグが全く効いてなくて、ハンドルがクルクル回ってますあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)







えぇっexclamation    何これっがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)






ロッドが僅かに曲がってるだけでハンドルがクルクル回ってるので、全然バスが浮いて来ませんあせあせ(飛び散る汗)






マックススピードで巻いてみますが全然変わらずあせあせ(飛び散る汗)






ヤバッあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)






スプールを指で押さえて、思い切りロッドを立てながらドラグを一瞬でカリカリッと締めて、何とか難を逃れ、一瞬で浮かせてネットインexclamation








ネットの中で、バスが口空いたらポロンッとフックが外れました。







危なかった〜わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)












image/2012-12-27T23:02:25-9.jpeg


っと言う訳で、かなり冷や冷やでしたが、またまた54pキャッチるんるん






いよいよ入鹿池も、アラバ祭りスタートかっ??









image/2012-12-27T23:02:25-10.jpeg


いつもセルフタイマー撮影ばかりで撮り忘れるので、たまにはメジャー置き写真も・・カメラ






足場が狭いっあせあせ(飛び散る汗)






ちょいスリム体系だったんで、50超えたかなっ??って思ってたら意外と長さがありましたひらめき






早く入鹿で6の数字のところを超えるの釣りたいです・・。












念のためにドラグを先程バスを掛けた時の所まで緩めてみましたが、そんなに緩くはなかったですが、何故あれ程ツルツルに滑ってたのかが全く不明・・たらーっ(汗)













その後、五条方面に移動ダッシュ(走り出すさま)












image/2012-12-27T23:02:25-11.jpeg


移動中にお昼御飯タイムにしましたが、今日の昼食は、デニッシュ小倉です。





前回カラスの野郎に喰われてしまったので、リベンジですたらーっ(汗)





ワタクシは、パイ生地やデニッシュ記事が大好物るんるん





ボリューム満点!!って書いてあるところに、そそられますねぇ〜・・るんるん





まあ、ボリューム満点ってことは、カロリーも満点な訳ですが・・。。。













その後・・・









もっと北風が吹くと思いきや、何だか穏やか〜な感じで全く釣れる雰囲気なしっあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)








夕方に期待しましたが、前回同様に夕方になっても魚が動く気配もなく終了ですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)








ちょっと難し過ぎです・・。。。










しかし、かなり危なっかしい感じではありましたが、何とか釣り収めで良いサイズもキャッチ出来たので、今年も何とか年を越せますわーい(嬉しい顔)







年明けはどうなるかな〜・・??
















posted by I Love 入鹿 at 23:20| Comment(0) | 入鹿池