2010年11月22日

ジグヘッド

コメントでジグヘッドの事について質問頂きましたが、長くなるので、この際記事にして答えようという流れで、今回はジグヘッドの事について書いてみます・・。





とりあえず、私がメインで使ってるのは3種で・・







image/2010-11-22T20:53:08-3.jpg


ガマカツのラウンド25









image/2010-11-22T20:53:08-1.jpg


グランのノガレスジグヘッドのタイプR









image/2010-11-22T20:53:08-4.jpg


そしてオーナーのフックで自作したジグヘッドです。






1/16ozのフックサイズ#1/0が基本ですが、1/32ozや、その中間サイズの1/22ozなど各種取り揃えています。




場所やスイミング(リーリング)スピードにもよりますが、陸っぱりで使うなら1/32ozが使いやすいと思います。




個人的には1/64ozとか欲しいですが・・






これからの時期琵琶湖で多用する、デスアダー6”などのジグヘッドスイミングの場合は、基本はガマカツのラウンド25や自作したジグヘッドを使用します。




ノガレスジグヘッドのタイプRは、フックキーパーのキープが弱く、デスアダー6”などと言った比較的重量のあるワームで使用すると直ぐにズレますので、デスアダー5”やスタッド5”、ブラックカバー6”などを使用する場合に使う事が多いです。




それとガマカツのラウンド25と比較すると、フックの線経が細いのかフックが伸びる事が多いです。




その分、フッキングは軽い力で出来ると言うメリットはあるのでしょうが・・









image/2010-11-22T20:53:08-2.jpg


そして、新しく(と言っても随分経ちますが・・)ガマカツのラウンド25Rというニューモデルが出ていますが、これはまだ使った事はありませんので分かりません・・。



※どなたか使ってる方いたらインプレッション教えて下さい。



商品説明にもありますが、ワームキーパーが細くされているので、重量のあるワームのキープ力が落ちてなければ良いのですが・・



それと、ラインアイがラウンド25はヘッド部分から立ち上がっているのに対し、ラウンド25Rはヘッド部分に半分埋もれた形状になっていますので、ロールが若干出し難くなっているのでは??と思いましたが、どうなんでしょう??



ラインアイが立ち上がってない分、ウィードがこの部分に残り難いかも知れませんね・・?




今年の冬にでも、購入して一度使ってみたいと思います。






あまり参考にならなかったかも知れませんが、私はこんな感じで使ってます。





私も全ての商品を使い比べた訳ではありませんので、ご自分でもいろいろとお試し頂ければと思います。





これからが、ジグヘッドスイミングが本領発揮する季節ですので、頑張ってやってみて下さい手(パー)わーい(嬉しい顔)




私もこれからの時期が楽しみでワクワクしますねるんるん
posted by I Love 入鹿 at 22:05| Comment(2) | タックル