2010年09月29日

法則exclamation&question

秋ですね〜るんるん



昼間も随分涼しくなり、朝晩は寒いくらいの日も多くなって来ましたね〜exclamation




秋と言えば、まず思い浮かぶのが・・ 『食欲の秋』



『読書の秋』なんてのはコレっぽっちも関係ない今日この頃ですが・・わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)




釣り人からすると、『ターンオーバー』って言葉が思い浮かぶ事も多いと思います・・。



ターンオーバー』 = 『水悪い』 = 『釣れない』 っという方程式が出来上がってしまいそうですが、必ずしもそうでしょうか・・??




前回行った入鹿池は、上手い具合に水温が下がったという事もあるのでしょうが、雨の影響の濁りが入り、ターンオーバーが起こって粒子もたくさん、泡も消えないという一見釣れないような状況ではありましたが、今年一番の釣果を上げる事が出来ました。




『表層近くの水は悪いけど、ディープの水は生きている』 とか、『水が悪いからこそ、良い水が入って来る場所にはバスが集まって来る』 などという、攻めるポイントによっては、逆に良い状況も起こりうる場合も多々あると思います。




ですので、『とにもかくにも、とりあえずやってみろexclamationっと言う事でしょうか・・



しかし、ホントにダメな時は一切反応ないなんて事も多々あるのが寂しい事実・・たらーっ(汗)




そんな時は・・


『今日はターンしてて最悪な状況だったわバッド(下向き矢印)


・・と 『ターンしてるから、状況悪くてとてもじゃないけど釣れるはずもなかった・・』 という事にして、気持ち良く片付けておきましょう手(パー)わーい(嬉しい顔)







そんな事は置いておきまして、ISのメンバーの一部?の方々から、秋の一発屋と言われているワタクシですが、毎年秋になると1回だけ 『良い釣りしたなぁ〜・・』 と思える日があり、これが一発屋の所以となっております・・わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)




3年前の10月・・



一昨年の11月・・



昨年の9月・・



そして4日前・・




9、10、11月と3ヶ月に渡っている為、一概に何時?とまでは言えませんが、秋の始まりから晩秋までと、やはり秋の期間中に毎年釣れている事には間違いありません・・。



自分のポイントセレクトやタイミング、ルアーセレクトや攻め方などが、この日は上手くシンクロしていた事もあると思いますが、まず俗に言う釣れる日でないと、なかなか釣れない入鹿池でここまで釣れる事はそうそうありません・・。



私も毎日浮いている訳ではありませんし、私が釣れなかった日でも、もの凄い釣果を上げている方も居るのかも知れませんが、年に何回もないチャンスの日ってのがある事は間違いない事実だと思います。



バスのスイッチが入り出す日を読み取る方程式を見付け、その日を狙って出撃する事が出来れば最高に楽しい釣りばかり出来ると思うのですが・・




日記を読み返しても、なかなかその手掛かりが掴めないんですよねぇ〜・・たらーっ(汗)



まあ、自然が相手なので、そうそう簡単には行かないと思いますが・・




いつの日か、少しでもその法則を解明してやりたいと思いますexclamation
posted by I Love 入鹿 at 23:00| Comment(0) | 入鹿池