2010年09月12日

2010 I.S.B.A.第4戦

今日はI.S.B.A.の第4戦でした。




今回は、ちょっと少な目な参加人数15名、朝7時〜お昼の2時までの競技時間ですが、ここ最近の入鹿池はなかなかに厳しい状況・・


ビッグサイズを獲るのは至難の業と思われ、キーパーも5本揃えるのは簡単ではないと思われる状況が続いていました。





100912_125407.jpg




水位は満水時より約6.2mの減水状態、水は若干濁り気味でターンしていてクラゲだらけ、水温は台風の降雨後、一時30℃以下にまで下がりましたが、このところの残暑により29℃〜31.6℃という状況でした。







・・で、プラでの魚探掛けや様子見などから、自分なりのプランを組みました。




まずは、取水塔&六軒岩は来てもサイズが知れていると思われるのでパス(取水はもしかしてイイの来るかも知れませんが、釣ってたら混じってしまったという展開はイヤなので・・)



入鹿荘前道路跡は水深下がり過ぎ・・


もっと秋っぽくなってたら可能性あったかもしれませんが、粘っても子バスと思われる為パス


稲荷山沖の水中島も同様・・





スタート後にまず向かったのは、赤壁沖の水中岬に絡むポイント。


プラの様子から、フラット、ハードボトム、先端のブレイクなどの4〜6mに絡むレンジがあり、ベイトの絡みも良く、間違いなくバスは入って来ると思われましたので、プラでは軽くチェックしたのみで終了、今日は最初に入ってみましたが、岬先端付近のポイントは、昨日よりもベイトの入りがかなり悪く、近くで釣ってた西川氏に抜かれただけ・・たらーっ(汗)




次に移動したのは、けっこう気になってた稲荷山裏の道路跡


水の動きあり、ベイトの入りよし(釣れる時のベイトの映り方ではありませんが・・)、水深が5〜6mと今の状況にベストマッチと言う事ないのですが、やはり定番の秋ポイント、まだ少し早いと思われ、釣れないとは思ってましたが、来ればデカイかも?と期待を込めて候補の一つに入れてました。




全く反応がありませんでしたが、ここで釣りしていてある事を発見ひらめき



道路跡と十三塚の間のフラットに、以前の台風で流れて来たと思われる流木が頭を出していましたが、昨日も全く同じ位置にあり流された様子がなかったので、『ボトムまで着いて立った状態になってるのでは・・?』と確認に向かいましたダッシュ(走り出すさま)


確認すると5mフラットのボトムまで大きな木が斜めに立っている状態でしたので、『これは釣れるんじゃないのexclamation&question』と、その木に沿ってダウンショットをシェイクしながらカーブフォールさせるとヒットexclamation×2


なかなかのサイズのようで、直ぐにあがっ来ませんでしたが、木の際ギリギリを攻めていた為、絡まれてラインブレイク・・たらーっ(汗)


あ〜、やらかしましたぁバッド(下向き矢印)もうやだ〜(悲しい顔)


45upはあったと思いますので、かなり勿体無いことしました・・ふらふら





次は今回の大本命ポイントですが、まだちょっと早いかな?と思いつつ軽く一回チェック、午後になって入り直し本格的に探る事にして移動ダッシュ(走り出すさま)




次は、見晴らし沖のサスペンドバスと、桟橋横のボートのシェードパターンをチェックexclamation


どちらも取水塔に近い為、タイミング次第ではバスが入って来るはず?



・・が、残念ながら反応なし・・たらーっ(汗)




その後、赤壁沖をチェックに向いますが、入りたい所はガッツリマークされていたので、再度道路跡に入り直し・・。



しかし、やはり異常なし・・。






でも、今回はコレで良いのです・・。




何故なら、今迄の時間は本命ポイントを炸裂させるまでの時間潰し・・。



ウェインの時間も徐々に迫って来て、『もうそろそろ良いだろう・・』と、今回の大本命ポイントの中央イカダに向います・・。




このポイント、知ってる人は知ってると思いますが、あまりメジャーでないポイント・・。



でも、実は昨年からいろいろと探りを入れていて、実績ポイントなのですが、いつもそう簡単に釣れる訳ではなく、ここ最近はライトリグを入れてもなかなか喰って来ない状況になってました。


しかし、いろいろな条件によって、バスの状態が変わるので、釣り方を変えて行けば反応は得られるはず・・?



ちょっと掴んで核心を得ていたので、ハマれば唯一今の入鹿池でグッドサイズが狙って釣れる場所になると思っていました。



このところ、ずっとイケスの回りの4.5mラインにかなりの数のベイトフィッシュの層が出来ており、イケスの真下に居ると言うよりは、周辺のベイトフィッシュに付いてウロウロしている状況だと思っていましたので、レンジを合わせた中層スイミングや、クランク、スピナーベイトなどの横の釣りが、現時点でのこのポイントのバスの攻略法になると予想していました。




稲荷裏方面から中央イカダに向けボートを走らせて行くと、灯台方向から一台のボートが沖に向かって来ましたexclamation&question



『あれっ 拓ちゃんかな??』




どこに向ってるんだろう???



まさかexclamation&question


いやいや・・それはないでしょあせあせ(飛び散る汗)



しかし、私が入る寸前にサクッと入られた・・たらーっ(汗)



最初、テキサスリグっぽいのを投げてたように見えたので、『あれじゃ多分釣れないから大丈夫だろう・・』と思ってたら、私が到着する頃にスピナーベイトに持ち替えて投げてましたあせあせ(飛び散る汗)



『うわっがく〜(落胆した顔) いやらしいことするなぁ〜この人あせあせ(飛び散る汗)



・・と思い、『ちょっとexclamation 何やってんのむかっ(怒り)』っと声を掛けると・・





『4mラインにベイトが居るからスピナーベイトで釣れないかな〜?と思って・・』


とバカ正直に答える拓ちゃんふらふら


※何のルアー使ってるのかと聞いた訳ではなく、何でココでやってるんだexclamationっという気持ちの表れの言葉です・・。




すると、次の瞬間・・



『来たexclamation×2


・・という声と共に絞り込まれるロッド・・たらーっ(汗)



『最悪やぁバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)もうやだ〜(悲しい顔)



今回の私のプランが音を立て崩れ始めました・・・




そしてもう一発目の前でやられましたバッド(下向き矢印)ふらふら



『ちょっと、何してくれますのグッド(上向き矢印)exclamation×2



・・と言った所で、あくまでも大会は早い者、釣った者勝ち・・ふらふら




想定外のダークホースがいたバッド(下向き矢印)もうやだ〜(悲しい顔)





隣に入れてもらい、並んで釣りましたが、もうその2本以上は釣れることなくタイムアップふらふら









はい、では結果発表ですexclamation×2






100912_141615.jpg


優勝は、代表タク石黒氏で、47pと44pの2本で2,965g



もう説明の必要ないと思いますが、一応書いときます・・。


エリアは中央イカダ周辺で、B−カスタム3/4oz(ブルースモーク)の中層スローロールで2本ともキャッチしました。


水深8mの中層4.5m程にベイトの層が出来ていたので、ベイトを追いサスペンドしているバス狙いです。



しかし、私の入鹿池人生で一番今回が悔しかったです・・たらーっ(汗)


2戦の時も、優勝頂いたんじゃないか?と思ったら、拓ちゃんに持って行かれたし・・ちっ(怒った顔)


いつも邪魔ばっかりしてくれますね・・むかっ(怒り)



次、長浜行ったら絶対悔しい思いをせてやると一人誓いましたわーい(嬉しい顔)







100912_141518.jpg


2位は奥村氏で、この時期は手堅い釣果をもたらす取水塔にて、27〜33.5pを5本キャッチし2,020g



スワンプミニ(UVスカッパノン)の1/32ozのワッキーダウンショットで5〜6m付近を中層スイミングさせキャッチexclamation








100912_141429.jpg


3位は西川氏で、25〜29.5pを5本で1,640g


赤壁沖の5mに絡むハードボトムにてデッドリンガーのヘビキャロとスプリットショットリグでキャッチexclamation







100912_142104.jpg


4位は河合(久)氏で、32pと39pの2本で1,495g


灯台裏の5mラインの立ち木でハンハントレーラーのダウンショットリグのフォールにてキャッチexclamation







100912_142013.jpg


5位は今井氏で、25〜29.5pを5本で1,230g


入鹿荘前の道路跡と稲荷山沖の水中島にて、セクシーアンクルのダウンショットリグとISシャッドのヘビキャロでキャッチexclamation








100912_142319.jpg


6位はゴッド河合氏で、25〜32pを3本で1,145g


六軒岩のブイ周り3mレンジ付近で、ツネキチワーム3”の1.2gのダウンショットリグを中層スイミングさせキャッチexclamation






100912_142048.jpg


7位は安江氏で、25pと30.5pの2本で755g


灯台の5m前後にて、3.8”のIシゃッドとフリックシェイクのダウンショットリグのアップヒル攻めでキャッチexclamation








8位は岩田氏で、25.5p1本で260g


※写真ありません・・ふらふら

 次回からは、私が撮影してから逃がして下さいね・・。



取水塔の取水パイプ根元(約6m)で、レインズスワンプマイクロ(UVモエビ)の1/8ozシンカーのダウンショットリグのフォールでキャッチexclamation



以上の結果でした。




はい、ワタクシはノーフィッシュですもうやだ〜(悲しい顔)


また今度は、自分しか取れない新しい魚探しの旅に出る事にします・・。






今後の入鹿池ですが、21日までは取水を続けるという話なので、激しい降雨がなければ1.5m前後は減水すると思われます。



今後、どうなるか楽しみですねるんるん








大会終了後・・



100912_161823.jpg


拓ちゃんに、入鹿亭の田楽定食をおごってもらいましたるんるん


さすが優勝者気前が良いねぇ〜exclamation


ご馳走様でしたわーい(嬉しい顔)



posted by I Love 入鹿 at 23:58| Comment(0) | 入鹿池

想定外の・・

今日は、I.S.B.A.第4戦でした。



結果から言いまして、私にとって想定外の出来事が起こってしまいましたexclamation&question



詳しくは、今日は時間がないので、また明日にでもアップさせて頂きますexclamation
posted by I Love 入鹿 at 23:56| Comment(0) | 入鹿池