2009年08月03日

チューンド・ハイサイダー

今日は、ちょっと遅くなりましたが、以前に『ハイサイダーのチューン方法を載せて下さいexclamation』とコメント頂きましたのでアップさせて頂きます。






まずは、余分なパーツを取っ払います。


ハイサイダー改


テールフックのヒートンをネジって外します。







次に最後尾のジョイント部分を外します。



ジョイント部分はステンレスの金具が刺さっていて固定されていますので、先が尖っているものなどを刺して金具を押し、先端が出てきたらペンチなどで引っこ抜きます。




ハイサイダー改



ハイサイダー改


背中側(上の写真)、腹側(下の写真)から見ると、小さな窪みが分かると思いますので、その部分に刺して下さい。


※抜いた跡は、瞬間接着剤などで浸水防止処理して下さい。





ハイサイダー改


リップレスにするので、リップはニッパーなどで切り取ります。





ハイサイダー改


最後尾のパーツに、カッターなどを使いテールを取り付ける切れ込みを作ります。




ハイサイダー改


テールを自作しても良いですが、私はジョイクロのテールを接着しました。


※ジョイクロテールのボディー取付部のボコボコしてるとこを切り落としてます。





ハイサイダー改


最後尾のジョイント部分のヒートン2本を外し、中央に刺し直してシングルヒートンにします。


※水面の波や風などを受けて、テール部分が不規則に動くようにしました。





ハイサイダー改


頭側のヒートンは、アイの半分くらいがめり込むまでネジって下さい。


※ねじ込みが浅いと、着水時などにテール部分のジョイントが捻った状態で固定されてしまう場合があります。





ハイサイダー改


余っている一つのヒートンを、頭から3つ目のボディーに打ち込みます。


※私は全体のバランスで大体の位置に打ち込んでますので、最適な位置は研究して下さいね!






ハイサイダー改


テールに付いていたフェザーフックをアイから外し、フロントに付けます。


※フロントボディーの余分な動きを抑えるためです。





ハイサイダー改


ハイサイダー改


バランスを見ながら、腹部に板鉛やウェイトシールを貼り付けます。


※私はサスペンド状態からほんの微量ウェイトを足して、かなりデッドスローシンキングな状態にしています。

速引きする方や潜らせたい方は、お好みでもっと足して下さい。






ハイサイダー改


テール側のフックを付けて完成〜ぴかぴか(新しい)




簡単ですよね?





私流の使い方ですが、水面をアホくらいゆっくり巻きます・・。


キッチリバランスが取れていれば、かなりデッドスローで巻いても、ボディーをくねらせながら泳ぎますよ。
posted by I Love 入鹿 at 23:00| Comment(6) | ルアー