2009年07月15日

灼熱の入鹿池晴れ

いやぁ〜熱いですねバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)



DVC00290.jpg


そんな真夏日の今日、入鹿池に行って来ましたるんるん




今日もスロースタートなので、日差しがメチャメチャ暑い時間帯に準備開始あせあせ(飛び散る汗)



準備するだけで汗だくになり、11時半頃スタートexclamation×2




しばらくまともに来てませんでしたが、入鹿池もとうとう私の大好きな真夏になりましたね揺れるハート



真夏の入鹿池は、私の大好きなド中層攻めが最も威力を発揮する季節るんるん



DVC00289.jpg


そんな訳で、今日はロックジグスピン2g+スタッド5”の完全中層スイミングとハイパーフットボールジグ+バンブルシャッドの組み合わせをメインで攻めて行きました。


もちろんキャロやクランク、バックスホグの古川システムなどなど他にもいろいろと試して来ました。




まずは気になる水位ですが、満水から2.1m程の減水とかなり中途半端・・ふらふら



沖合いの地形変化やフラットに絡むピンのストラクチャーなどもいまいちレンジが合いません・・。



あと1m〜2m程下がると攻め甲斐があるんですけど・・




DVC00292.jpg


出船して直ぐの水温は28.7〜29.1℃でしたが、午後になると30℃を超え、メインレイクは30.8℃、今井エリアは31.7℃にもなりましたがく〜(落胆した顔)



ヤバイねこれ・・


全く釣れる気しませんわ・・たらーっ(汗)



いろいろと探って行きますが、全くバイトなしバッド(下向き矢印)


唯一反応があったのはピックアップ時に早巻きしたロックジグスピン2g+スタッド5”に40UPのニジマスがチェイスして来ただけ・・



数少ないレンジの合うポイントでも全く反応なしあせあせ(飛び散る汗)



しかも、2時半くらいから強めな南西風が吹いて来て、とっても釣り難いあせあせ(飛び散る汗)



とりあえずザッと回って分かったことは、今井エリアの水が悪いことと、五条川河口から郷川河口にかけて(特に五条川河口から十三塚あたりまでの間が)異常にベイトフィッシュが濃いこと・・


※ちなみに、今回はナカヤ荘〜白壁、今井出口〜水門の間は、完全無視してチェックしてません。




太陽の角度が40度くらいになり、何となく夕方の雰囲気が漂って来たので、再度気になる五条河口〜十三塚をチェックexclamation


異常なしっあせあせ(飛び散る汗)




もう一ヶ所気になってた、稲荷山沖の水中島に入ります・・



このポイントはまだまだレンジが深く、釣りする方も少ないかも知れませんね・・



水中島にある小さなハンプのトップが6mレンジであることを確認しておいたので、6mのハンプトップの上2〜2.5mくらいのレンジにバスがいて、そのハンプの周りをウロウロしては、時折止まっている様子をイメージします・・。



完全中層の釣りは、ルアーを引いて来ても全く何の感触も伝わって来ない釣りなので、絶対にココにいるっていうイメージを作ってルアーを操作しないとやり切れません・・。



ハンプを少し超えるようにロックジグスピン2g+スタッド5”をキャスト後フリーフォールさせ、4.5m程沈んだと思われるところで、二段シャクリexclamation



バスがいるイメージのレンジ付近までルアーを持ち上げ、そこからゆっくりと一定層をスイミングさせると・・


『ドンッどんっ(衝撃)  ギューンダッシュ(走り出すさま)


・・とロッドが絞り込まれました。



DVC00297.jpg


なかなか良いファイトで上がってきたのは51.5pの腹ボテ君でしたるんるん



やっぱ夏の入鹿池は楽しいですね揺れるハート



中層スイミングをされない方は、是非夏の入鹿で試してみて下さいねexclamation








posted by I Love 入鹿 at 23:58| Comment(2) | 入鹿池