2009年06月13日

ちょっと一工夫ひらめき

私は、昨年くらいからヘビキャロをよく使用するようになりました。



今まで、あまりやらなかった理由の一つとして、リギングが面倒臭いという事実があります。



単純に考えて、シンカーがあっって、そこから長いリーダーがあるので、ノーシンカーに近いところもあり、殺気も消しやすく釣れるリグであることは間違いない事実です。


しかも、強風でもストレスなく釣りをする事が出来ますしね・・




そんな事もあり、昨年からずっと私のロッドの1本には、必ずヘビキャロがリグったままの状態になっています。



もちろん釣行後もリグを片付けることもなく、ワームも付けたままの状態です・・。




DVC00121.jpg


私は3点式のヘビキャロで釣ってますので、収納時はシンカーをハンドルの軸付近に挟み込んで・・




DVC00123.jpg


そして、ワーム(フック)をロッドティップの方向にリーダーの長さ分だけ引っ張ってガイドにフックを引っ掛けていました。


丁度リーダーをピーンっと引っ張った状態でガイドに掛けられれば良いのですが、なかなかそんな上手く行かず、余ったリーダーをロッドにクルクルッと巻いて処理していました。




しかし・・


次の釣行時には、ロッドに巻き付けていた巻き癖がリーダーに付いてしまっています・・ふらふら



そうなってしまうと、とっても釣れる気がしないんですよねバッド(下向き矢印)


気にしなければ釣れない事もないんでしょうが、非常に気になって、かなり集中力ダウンしますふらふら






そこで・・


DVC00115.jpg


ちょっと一工夫してこんなの作ってみましたひらめき



以前アイバムシチューンで使った髪を縛ったりするような、丈夫な輪ゴム状のものにスプリットリングを通しただけのものです目





DVC00124.jpg


リーダーをピーンっと引っ張った状態のワームフックの位置より、少しティップ側に通しておきます。




DVC00125.jpg


そして、スプリットリングにワームフックを掛けておけば、リーダーに巻き癖が付く事なくヘビキャロをリグったままにしておけまするんるん



単純なことですが、ちょっとした工夫でリグを良い状態に保つ事が出来ましたぴかぴか(新しい)
posted by I Love 入鹿 at 23:17| Comment(0) | タックル